topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は婿殿。 - 2013.08.18 Sun

昼夜問わずに働く婿殿。
20130818-5.jpg
ピンクの矢印で示したところが、婿殿の証。
ヒメタニシは、これがあるので、オスメスの判別がつけやすくて良いそうです。

そのころの姫様。
20130818-6.jpg
子供を張り付かせて、お昼寝中です。


さて今日は、ソイル敷きの飼育槽の水換えを行いました。
水質が悪くなってるのかどうなのかが分からないので、いつも半分以上水を換えてしまいます

私の水換え方法は、
 ①ソイルを吸い込まないように注意しながら、なるべく下の方の水を、適当なところまででっかいスポイトで吸引。
 ②汲み置きした水(足りない場合は、カルキ抜き使用)に「御神田の水」を規定量入れたものを、もとの水量まで注入。
以上終了。

ま、特に変わったことはしてません(笑)

20130818-2.jpg
     ↑
水を抜いたところ。
自分でも、こんなにはっきり中を見たことなかったんですが、結構過密状態??
はっきり見えるだけでも20匹くらいいますね・・・。
ヒメタニシは、左右の二箇所でソイルに埋まってます。
ミナミヌマエビは、あいかわらず5匹元気に生きてました。

周りがうっすら色が変わってますが、一ヶ月ほど飼育槽を使用して、ついにコケっぽいのが発生してきました。
20130818-1.jpg
ちょっと前から、ミナミヌマエビが側面でツマツマしてましたが、コレを食べてたんですねぇ。

この飼育槽には、メダカ用のソイルを敷いているんですが、一般的にソイルって、二ヶ月くらいで入れ換えするのが普通みたいですが、今敷いているソイルの寿命が来たら、次は『荒木田土+川砂』の底床に変更しようと思ってます。
がしかし、『荒木田土+川砂』にするには、入れ換え前に1週間くらい立ち上げ期間をもたないとまずそう。
そうすると、先に飼育槽を用意する必要があるわけですから、もう一個新しい飼育槽を買ってからやらないとダメってことになるのか?
・・・次回もソイルにしときます


花が咲きそうだった、カボンバ。
20130818-4.jpg
折角なので花が咲くところを見たくて、背が高すぎて使ってなかったグラスに、植えてみました。
上手く咲くといいです


こちらは、睡蓮鉢の様子。
20130818-3.jpg
シュロガヤツリの新しい芽(っつか茎?)が、出てきました。
睡蓮鉢に寄せ植えした植物が、上手く成長してくれているようで嬉しい

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ついに。 «  | BLOG TOP |  » ヒメタニシ。

プロフィール

ずし。

Author:ずし。
メダカを飼い始めてからビオトープに興味を持ち、金魚飼育に手を出した後、最近ではアキクサインコも飼い始めた、そんなワタクシの飼育日記です。

最新記事

カテゴリ

メダカ日記 (128)
金魚日記 (230)
金魚日記(外伝) (11)
アキクサインコ日記 (14)
その他いきもの (1)
植物 (23)
水質検査 (5)
器具 (5)
エサ (2)
病気備忘録 (0)
未分類 (8)
お店 (1)
備忘録 (4)

月別アーカイブ

コメントありがとうございます^^

カウンター

ブログ村 金魚新着記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

勝手にブックマーク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。