topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【残留塩素測定】2013/11/27 - 2013.11.27 Wed

これと言ったネタがない(笑)ので、残留塩素測定を、またやってみました。

前回は、1リットルのペットボトルにほぼ満水状態でフタをし、室内に約24時間放置後の測定でした。
今回は、バケツでベランダ放置での測定結果です。

【条件】
 ・2013年11月27日、晴れ、強めの南風
 ・マンションの水道水(貯水槽なしの水道管直結)
 ・5.5リットルバケツ(乳白色)に、約4リットルの水道水(バケツ8分目)
 ・朝8時~夕方5時半までベランダに放置
  (直射日光はほぼ当たらずだが、風が割と強かったので、水面が波立っていた)
 ・日中の外気温→11℃~13℃で変動
 ・水温→10℃前後


1.蛇口から出した水(放置前)→約0.7mg/L
20131120-1.jpg

2.ベランダ放置後→0.1mg/L以下
20131127-1.jpg

3.カルキ抜き(コントラコロライン)を規定量の1/4投入後→0.1mg/L以下(カルキ抜きを入れる前よりは薄いが、わずかにピンク色がかっている)
20131127-2.jpg

4.カルキ抜き(コントラコロライン)を規定量の1/2投入後→透明(不検出)
20131127-3.jpg

このような結果となりました。

半日近く、バケツで室外汲み置きだと、ほとんど残留塩素が検出できないくらいまでカルキが飛んでおり、規定量の半分のカルキ抜きで、完全に(見た目)中和できました。

ということで、我が家ではこの時期、半日ベランダに汲み置きすれば、カルキ抜きは半分に減らせる(笑)

しかし、今の時期は心配なさそうですが、真夏だと、水の痛みが気になりますかねぇ~



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

外に汲み置きしておく方法。半日でもけっこう塩素が飛ぶんですね〜(o^^o)
完全に抜けるには、一日くらいで良いのでしょうかね〜?

カルキって見えないから・・・ちょっと心配だなって思う時もあるんですが

バケツに汲み置きで安心できる感じですね(^v^)

大雑把な私もさすがに稚魚はちょっと心配な時があるので(^_^;)

Re: タイトルなし

Re:ななこさま

こんにちは^^
紫外線で塩素が飛ぶというような話を良く聞きますので、もっと日光があたる環境だったら、半日で抜けそうです。
うちのベランダは、この時期、1時間も日光があたらないので(笑)

Re: タイトルなし

Re:Mintさま

こんにちは^^
今回は、外での汲み置きでしたので、室内汲み置きだとどうでしょう・・・^^;
次回ネタ切れになったときには、室内汲み置きでやってみようと思います。

うちの飼育の場合、購入した成魚のほうが、いろいろと敏感でした。
ちっこいののほうが、急な水換えとかにも耐えてましたよ(笑)


管理者にだけ表示を許可する

【金魚】金魚鉢飼育の欠点。 «  | BLOG TOP |  » 【金魚】水槽30日目(薬浴4+3日目)、金魚鉢16日目。

プロフィール

ずし。

Author:ずし。
メダカを飼い始めてからビオトープに興味を持ち、金魚飼育に手を出した後、最近ではアキクサインコも飼い始めた、そんなワタクシの飼育日記です。

最新記事

カテゴリ

メダカ日記 (128)
金魚日記 (230)
金魚日記(外伝) (11)
アキクサインコ日記 (14)
その他いきもの (1)
植物 (23)
水質検査 (5)
器具 (5)
エサ (2)
病気備忘録 (0)
未分類 (8)
お店 (1)
備忘録 (4)

月別アーカイブ

コメントありがとうございます^^

カウンター

ブログ村 金魚新着記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

勝手にブックマーク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。