topimage

2013-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【金魚】5日目(夜)。 - 2013.10.31 Thu

今は夜ですが。

本日の昼間に確認したところ、昨日までにくらべ、明らかに水が臭い。
そして、これまでもじーっとしていた金魚が、ことさら動かない。
このままでは、間違いなく落ちるっ!!

大慌てで、見知らぬ金魚屋さんに、すがりつきました。

今のところ、静観するしかなさそうなので、びくびくしながら静観しております



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


スポンサーサイト

真っ赤なエビと、メダカの頑張り。 - 2013.10.30 Wed

脱走癖のある、我が家のトゲナシヌマエビ。
導入1週間くらいで収まっていたのですが、睡蓮鉢の稚エビを室内ビオに移してから、再発してしまいました

月曜日の朝、発泡容器の横で、生乾きになっているエビを発見!
足が微妙に動いていたので、しろくまカップに緊急避難させましたが、二日目の夜、とうとう赤くなってしまいました

20131030-1.jpg
暗くてイマイチですが、本当はもっと赤が鮮やかでした。

期せずして、エビが★になる過程をじっくり観察できてしまったわけですが、★になる前、尻尾のほうから赤くなって行き、今回のケースでは、全体が赤くなるのに約1日かかりました。

今のところ、ミナミヌマエビが歩いて発泡容器から脱出するところは見たことがないのですが、トゲナシヌマエビのばあいは、水がなくても結構歩きますので、ご注意ください


話変わって。

金魚用水槽を立ち上げてみたのですが、やはり、何かしら生体が入ってないとダメだろうと気づき、こちらのお二方に頑張ってもらうことにしました。

20131030-2.jpg
白メダカと楊貴妃を選抜しました。

こちら、それぞれ違う水槽から1匹づつ選んだのですが、オス同士なのに、喧嘩もせずに、仲良く泳いでおります。

このまま数日、あんまり具合の良くなさそうな金魚のために、元気なメダカに頑張ってもらいます



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ




【金魚】4日目(夜)。 - 2013.10.30 Wed

はい、本日も全換水しました(0.5%塩水)。
代わり映えしないとはいえ、やっぱり寂しいので、画像UPすることにしました(笑)

20131030-3.jpg
同じように見えても、一応毎日撮影してます

尾腐れ等は見当たらないのに、やっぱりエサを食べません。
朝、浮上性のエサを落としてみて失敗したので、夜は、換水後、フレーク状のエサをふやかして、箸で目の前に持っていきつつ落としてみましたが、全く興味を示さず
挙句に、エサを乗り越えて泳いでいきましたよ・・・。

世の中の金魚って、みんなこんなもんなのっ?!!

ご意見、お待ちいたしております



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ



【金魚】4日目(朝)。 - 2013.10.30 Wed

あまりに代わり映えしなさすぎるので、本日の金魚画像は無しです

とりあえず、4日目も生存確認できましたが、やっぱり糞をしてません。
いい加減エサを与えたほうが良いのかなぁと思って、粒状のエサを1粒落としてみましたが、全く反応なし。
塩浴中のため、エサを入れっぱなしにしておくわけにもいかず、本日の給餌は失敗に終わりました

我が家のメダカの食欲を見すぎているので、こんなにエサに反応しないとなると、この先マズイ事になるんじゃなかろうかと、ちょっと心配な4日目の朝でした。



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

【金魚】3日目(夜) - 2013.10.29 Tue

先ほど、0.5%塩水を全換水しました。
相変わらず糞は全くしないのですが、半透明のもや~っとしたもので、水がそこそこ汚れてます。

20131029-3.jpg
換水後の金魚。
ほんとに代わり映えのしないショットで、申し訳ない

昨日までは、換水後、結構びちびち暴れてたんですが、本日はゆったり泳ぐ程度。
ちょっと泳いでは「ぼー」っとして、エアレーションの水流(中程度)に引き寄せられてます。
元気ないのかなぁ・・・


そんな横で、金魚水槽を立ち上げました。
きんぎょファミリー Sきんぎょファミリー S
()
水作

商品詳細を見る

夏休みの自由研究などに最適な水槽デスネ・・・。

メダカ用のは、ショップでかなり悩んで購入したりしたんですが、今回の場合は最悪の事態も考慮して、あまりお高いのもなぁ・・・ということで、一度使ってみたかった「水作エイト」がセットになっているこちらの水槽を、購入しました。

全面ガラス水槽以外の水槽は初めてなんですが、金魚がおちつくという黒い底板なので、まぁよかったかなと

勝手がわからないので、なるべく早く立ち上がるようにと、水作エイトのろ過マットをバイオマット(最初からバクテリア水に浸っている交換マット)に交換して、立ち上げ開始。メダカ水槽から石を3個拝借し、それも投入しました。

20131029-2.jpg
暗くてイマイチ判りづらいですね・・・

メダカ水槽は、ほとんど立ち上げというようなことをしてこなかった(最長で2日くらい)ので、金魚水槽ではかなりどきどきしています。

「お魚さんを、早く水槽で愛でたいわ~」という場合は、金魚よりメダカをお勧めします



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

【金魚】3日目(朝)。 - 2013.10.29 Tue

着々と冬にむかって来てますね~。
ベランダのメダカ達は、大分動きが鈍くなってきました。
室内の水槽は、水温がまだ20℃くらいあるので、餌の要求が激しいです(笑)

さて、3日目の朝を無事に迎えることができた金魚さん。
20131029-1.jpg
(溜め撮りしてんじゃねぇの??という代わり映えしない画像で、申し訳ない

糞を全くしません。

確かに餌をあげていないんですが、ここまで糞をしないもんなんでしょうか?
状態の良し悪しが判断できないのが不安ですが、そろそろ餌をあげてみるべき??

ショップで、餌をやってたかどうか聞いてくればよかったです



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

【金魚】2日目。 - 2013.10.28 Mon

本水槽に移動させるまで、しばらく金魚ネタが続きそうです

導入二日目の金魚。
20131028.jpg
良く見ると、お腹の出っ張り具合とかが、結構不恰好です^^;

昨日は、びちびち跳ねるのが怖くて、ロクなブログになっていませんでした(笑)ので、今日はとりあえず昨日の状況など。


金魚サイトなどをナナメ読みして、水あわせから行いました。

1.購入店で水温を確認して購入。
2.自宅に戻り、温度差4℃だったので、強引に水あわせ開始。
3.30分温度あわせ終了後、水あわせを20分づつ4回行う(このとき使用した水は、この後塩浴を行う予定だったので、カルキ抜きした水道水を、エアレーションしつつ使用)。
4.発泡スチロールに放ち、1時間放置(この時、発泡スチロール内にはロカボーイミニ+エアストーン)。
5.1時間放置後、0.5%の濃度になるように、1時間づつ食塩を投入(全5回)。
6.エアレーションが強すぎるかと思い、ここでエアストーンを出す。


私にしてみれば、かなり神経使って塩浴まで行ったつもりでしたが、結構駆け足だったのかも^^;

とりあえずこんな感じで行いましたが、この後もびちびち跳ねるので、最後の塩を投入後、暗くするために紙で容器にフタをしました。

7.今朝(二日目朝)、とりあえず生存を確認できまして、塩液の3分の1を新しい塩水(0.5%)に交換。餌は与えてません。

朝見たときは、昨日よりはおとなしくなったものの、まだちょっとびちびちしていました。

8.二日目の夜、ちょっと塩水が臭ったので、全換水。塩濃度は0.5%のまま。このとき、容器も別容器に変えて、ロカボーイを撤去し、エアストーンのみに変更。

これまで、メダカ飼育用の水換えも、いつも朝方行っていたんですが、夜って決めたら夜でもいいんじゃね?と考えて、金魚については夜行うことにしました。
朝行うと、その後出勤せねばならないので、水換え後の緊急事態に対応できないとの考えです。


しかし、よくよく考えてみると、7月からメダカを飼い始めたわけですが、その後3ヶ月くらい、常に水質やらなにやらでオタオタしていたワタクシ。水を汚すという金魚を、まともに飼育できるのか・・・

金魚用水槽の立ち上げ、まだやってないんですよね・・・



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


【金魚】私的緊急事態orz - 2013.10.27 Sun

本日、朝からの晴天ということもあり、近所のアクアショップのセールに行ってみました。
三色のメダカが入荷予定とのことで、それがお目当てで行ったんですが・・・。

20131027.jpg
はい。三色です

出かけた時間が遅かったのか、メダカの三色は売り切れで、つい、金魚の三色(江戸錦)を購入してしまいました。

が、メダカも初めてなら、金魚も初めて・・・。

帰宅してあわてて水あわせやらを始めたんですが、金魚って、こんなにびちびちしてるもんなんですかっ?!

購入してきたときのビニール袋で水あわせをしていたときは、わりとおとなしかったんですが、塩浴するための発泡スチロールに入れた途端、ものすごいびちびちしてるんですよ

酸素を喰いそうだったので、最初からロカボーイミニとエアーストーンの二つを稼動させてるんですが、酸欠というわけではないのか・・・?
でも、口パクしてるし、ロカボーイのそばに寄ってるし・・・。

ずっとではないんですが、時折、発泡スチロール容器の角に行っては、ものすごい勢いで

 「ここから出せやゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!! 」

といった感じで、ものすごい跳ねるんです

金魚って、こういうもんですか?

やばそうな臭いを感じ取られた方、どうかご指南願います


【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

天国から地獄。 - 2013.10.26 Sat

ミナミ天国と化していた、ベランダの睡蓮鉢。
正確な個体数を把握していなかったので「このまま越冬でいいか~」とのんびり構えていたんですが、昨日、卵をくっつけているメダカの卵に群がる稚エビをみつけてびっくり
群がられるメダカはものすごい嫌がっていて、これは、今回が初めてじゃねぇな・・・

その所為なのかどうかは定かじゃないんですが、その個体がやせ細ってきちゃってるんですよ~orz
本命(メダカ)が困っているのに、飼い主として黙って見ているわけにはいかーん!!

ということで、稚エビ軍団には、我が家の地獄へ移動していただきました。

20131026-5.jpg
    ↑
我が家で言うところの「地獄」

このポリバケツは、ミナミにとっての正に地獄で、いままでこのバケツで生きながらえたミナミは存在しないという・・・

どのくらい生き延びてくれるか、稚エビの根性に期待しています。


30匹強の稚エビを移動させた、睡蓮鉢。
20131026-4.jpg
邪魔者がいなくなったおかげか、メダカたちも心なしかのんびりできているようです。


20131026-6.jpg
稚エビ全てを地獄送りにするのも可哀相かなぁ・・・ということで、室内越冬ビオにもちょこっと投入しました。
お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、ついでにロカボーイミニのフィルターを交換しました。
フィルター交換時、ロカボーイの底に2匹の稚魚が潜入していてびっくり
どっから入ったんだろか・・・。


20131026-7.jpg
こちらは、別の抱卵ミナミさんを投入していた、ミナミ稚エビ育成容器。
今は、最後の採卵から孵化した針子が入っています。
流石に針子の室外越冬は無理っぽいので、先日から室内に入れているんですが、日照が足りないので、そこが気にかかっています。


台風の時はメダカ容器を室内に入れてしまうので、ここぞとばかりに、普段じっくり見られない容器の中を、長い夜の間にチェックしたりしています。



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


貴方、水槽いじりすぎです。 - 2013.10.26 Sat

と、我が家の陛下(母)にあきれられますが、我が家の茶苔がお気に召さないラムズ君に早々に見切りをつけ、水槽をいじることにしました。

実は、茶苔にイラっとしている記事を書いた翌日あたりから、今度は緑苔(藻っぽいもの)がマツモを侵食しているのが目立ち始め、ほとほと困り果てておりまして。
とりあえず、新しいマツモを買って来て、藻に侵食されているものと入れ換えようと思っていたんですが、雨の降る夜の運転には自信がない(苦笑)もので、剪定にとどめることにしました。
で、剪定した結果、ほとんどマツモが残らず、ものすごく閑散としてしまったもので、水槽の茶苔が余計目立つ!(笑)
我慢できずに、台風の夜に、水槽2つを掃除しました

びふぉー。
20131020-4.jpg

あふたー。
20131026-1.jpg

・・・ん?
実際に見ていると、随分変化したように感じていたのに、写真を並べると、大して変わってなかったですな・・・

今回の掃除で、大きく変更した点は二つ。
水位を大幅に下げたことと、投げ込み式フィルターの投入です。

水位を下げたのは、苔が生える面積を減らすため
フィルターを入れたのは、水量を減らしてしまったので、濾過機能を加えた方が水質悪化がゆるくなるかなぁと思ってのことですが、ロカボーイコンパクトというものすごいちっさい濾過器を入れただけなので、濾過にはあまり期待してませんです。

水位を下げた、二つの水槽。
良かった点は、上見が綺麗なところ。

20131026-2.jpg
左側のキューブ水槽。

20131026-3.jpg
右側の小型水槽。

LEDライトが写りこんでしまってイマイチですが、実際はなかなか綺麗に見えて、満足しています

これで茶苔面積も減ることになるので、飼い主に判りやすいような頑張りを、ラムズ君に期待しますよ!!



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


俺は負けねぇぜっ!! - 2013.10.24 Thu

あんな、ちょっと色が綺麗なだけの新入りに、負けてられるかよっ!!

20131024-2.jpg
なんて思ってるかどうかは知りませんが、今まで全く興味を示さなかったのに、ラムズ軍団を投入した途端、茶苔密集地帯の石にかぶりつきです(笑)

心なしか、うっすら茶苔が減った気がします。

別の水槽の方でも、同様の現象が。
20131024-3.jpg
こんなところに登っているのは、初めて見ました(笑)


一方、ワタクシの期待を大きく背負って投入されたラムズ君はというと・・・。

20131024-1.jpg
そこじゃないっ!


色々と、思い通りに事は運ばないですな・・・。



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


救世主投入! - 2013.10.23 Wed

睡蓮鉢はエビ天国ですが、室内水槽は苔天国でした

過剰な養分がマズイのだと思って、給餌量減らしたのにぃぃぃぃぃ!!


そんな我が家の救世主になれるのかっ?!

20131023-1.jpg
先日ぽちったラムズ君を、上半分が茶苔に覆われている石に設置。

設置後4時間くらい経ちましたが、ほとんど変化なし

茶苔が減らず、ラムズ天国になるようなことだけは、絶対に避けたいと思ってますが、うちの場合、本命(メダカ)以外が順調に増え続けるというジンクスがあるので、半ば諦めてます



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

エビ天国と、ラムズ君。 - 2013.10.21 Mon

ベランダの睡蓮鉢は、エビ天国になってしまいました(笑)

天敵がいないことも大きいのか、生まれた稚エビのうち、ほとんどがきっちり成長してるんじゃねの??というくらい、目に見えて増えております。

5匹だけ入っているメダカ(我が家のメイン生体)が、肩身の狭い思いをしているようで

餌を与えると、メダカを押しのける勢いで、ちびっこミナミ達が突進してきます。


さて、そんなエビ天国はさておき、室内水槽の茶苔にイラっとしっぱなしなんですが。

先日の記事へよったけさんが、「ラムズで一発!!」という風なコメントを寄せてくださいましたので、かなり前のめりに検討してみた結果、昨日、ラムズ君導入に向けてぽちっとしてみました

明後日我が家にいらっしゃる予定なので、タニシより慎重に水あわせをして、水槽へ投入しようと思います



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


結局こうなった冬支度。 - 2013.10.20 Sun

バケツで飼育していた稚魚が、二日連続で一匹ずつ落ちてしまったので、結局こうなりました。

20131020-2.jpg
室内避難

今日は、朝から冷たい雨模様だったので、昼間から室内に避難させてましたが、晴れた日などは、日中は外に出してもいいかなぁと。

ただ、温度差に注意しなければいけないようなので、ずーっと室内に入れておいたほうがいいのかなぁ?


20131020-1.jpg
こちら、ミナミ稚エビ&メダカ針子。

20131020-3.jpg
こちらが、二日連続で★になってしまった個体が出た稚魚バケツ。


今日のところは、我が家の陛下(母)は何も言って来ませんが、今後どうなることやら・・・



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


茶苔にイラっとする。 - 2013.10.20 Sun

我が家に設置している、2つの水槽。
20131020-4.jpg
向かって右の水槽の、茶苔がすごいんです

【左側】
  水槽>30×30×30(満水時25リットル)
  照明>LED(560lm)
  底床>田砂
  生体>楊貴妃×4、黄金ヒカリ×3、ヌマエビ×2、子タニシ×4
  水草>マツモ
  その他>石、めだかストーン

【右側】
  水槽>30×18×24(満水時12リットル)
  照明>LED(560lm)
  底床>田砂
  生体>白ヒカリ×5、白メダカ×1、ヌマエビ×2、子タニシ×6
  水草>マツモ、カボンバ
  その他>石、めだかストーン


ぱっと見てお分かりだと思いますが、ほぼ同じレイアウトになっています。(以前は、右側の水槽はごちゃごちゃさせていた(苦笑)んですが、メンテナンスやらを考慮したのと、二つ同じような状況にしておいたほうが、何かあったときに良いかと思って、わざと同じような状況にしました。)

照明も同じものを使っているのに、なぜか右側の茶苔がひどいんです

茶苔がひどくなる条件として、
  ・水中の養分過多
  ・バクテリアが定着していないor足りない
  ・光量が少ないor照射時間が短い
  ・水質がアルカリ性&高硬度
などなどがあるようですが、どれもちょっとずつ当てはまっているようないないような・・・。

幸いやわらかい苔なので、水槽の方は、水換えの度にメラミンスポンジでコシコシしてますが、マツモにくっつくのがどうしようもなくて
なまじメダカが白いもんで、茶色が余計に目立ってしまうのが、飼い主の安らぎを邪魔します



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


とりあえずの寒さ対策。 - 2013.10.19 Sat

20131018-4.jpg
ベランダにおいてあるバケツ飼育槽に、発泡スチロール(本体)を乗せてみました。
前日、発泡スチロール容器のフタをかぶせてみたのですが、翌朝、なんだか酸欠だったような行動を見せていたので、空間が取れるよう、本体を乗っけてみました。

室外飼育槽にフタをかぶせる方が多いと思いますが、酸欠、気になりませんか?



ところで、ふと思い出したのですが。

20131019-5.jpg
以前勤めていた会社の上司から、これ↑に似ていると、南部鉄器の土偶の文鎮を、お土産に頂いたことがあります。

ウエストがくびれているってことだろうと、解釈しています。



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


投げ込み式フィルターのフィルター交換時期について。 - 2013.10.19 Sat

うちでは特別色あがり等を見守っているようなステキ個体はいないので、これからの時期はネタが微妙になるかと思いますが、今後とも、よろしくお付き合いくださいませ


ということで、今日のテーマになるわけですが。

水生植物の越冬用の室内発泡スチロール容器(稚魚入り)に、以前金魚鉢で使っていたロカボーイミニをぶっこんでおります。

20131019-2.jpg
    ↑
使い始めてから約一ヶ月、一度もフィルター交換をしたことない状態がこちら。

見た目に結構茶色く汚れてきているのですが、もともと濾過機能を期待して導入したというよりは、バクテリア定着&エアレーション目的で導入したので、あまり気にしてませんでした。

がしかし、私が普段定位置としている場所のすぐそばに、この発泡スチロールが置いてあるもので、何かにつけて目につくんですよ・・・。
で、思い切って交換しようかとも思うのですが、これから寒くなる時期に、いきなり綺麗なフィルターに変えてしまうと、折角住み着いている(はず!!)バクテリアがごっそりいなくなるので、水質変化が急激になりそうだしなぁとも思うし・・・

見た目はばっちい感じですが、メダカがバタバタ★になるような事にはなっていないので、安定していると信じて、このままにしたほうがよさそうですかね・・・


この発泡容器には、我が家で唯一名前のついためだか、オーロラめだかの太郎がいるのですが、ロカボーイを撮影するときに、偶然写りこみました。
20131019-3.jpg
4匹いるオーロラ兄弟の中で、唯一、頭のところに黒い柄が出ているのが太郎なので、まだ判別がついております


あと、この発泡容器のそばでは、こんなものも置いています。
20131019-1.jpg
以前、ちゃーむさんで買い物をしたときに、送料あわせで購入した苔玉。
口コミにもありましたが、苔玉として販売してはいるようですが、巻いてあるのは園芸用の水ゴケです(笑)
まぁ、コケには変わりないんでしょうが、ちょっとちがうだろwwという感じは否めません



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


メダカの餌。 - 2013.10.18 Fri

メダカの餌やり、どうもペースがつかめません

よく、本や餌の容器には、「2~3分で食べきれる量を与えましょう」と書かれていますが、これがまた難しい。
一度、1分以内で食べきれる量を与え、それ以上欲しくなさそうになるまで続けてみたところ、かなりの量を食べてました。
しかしそうすると、糞の様子が『具合の悪い糞』のようになってしまうので、食うだけ与えてはNGなのね・・・と思ったり

みなさんは、餌やりの目安みたいなものを、どうやってつかんでますか?


本日は、そんな我が家の餌をご紹介。

20131018-1.jpg
飼い始めが卵と針子だったので、一番左の「ちびっこメダカのエサ」を使い始め、メダカが大きくなるにつれ、いろいろ買い集めてしまいました(笑)

私が持っている本では、「一種類を与え続けるのではなく、数種類を交互に与えましょう」と書かれていたので、始めはローテーションみたいにしていたのですが、次第に面倒(笑)になってしまい、今ではこれら全てを混ぜて与えています。

20131018-3.jpg
左の乳鉢が針子用、右のスパイス入れが稚魚用です。
上で紹介したエサを全て、適当な分量ミックスしたものをすり鉢ですって、まず、稚魚用のエサを作成。
それを少量乳鉢にうつして更にすり、針子用にしています。
稚魚を脱した大人メダカにも、稚魚用と同じものを与えています。
大人には時々、この餌以外に、乾燥ミジンコをそのまま与えています。

この餌、メダカの食いつきは結構良いと思うのですが、すりつぶしている所為なのか、油膜が張りやすい感があるのが難点です


おまけで、こんなものも持っております。
20131018-2.jpg
一時、ミナミの稚エビ育成用に、ミナミさんだけ入れた飼育槽を作ったときに、抱卵した親エビ用にと買ってみましたが、モスマットをガツガツ食ってましたので、結局あげませんでした(笑)

この餌、思い出したときに、室内発泡容器に入れているヌマエビに与えてみてますが、エビが食ってる横から、メダカの稚魚がガツガツ横取りしています

メダカまっしぐらなくらいに、結構おいしい餌のようです。



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


針子のこれから。 - 2013.10.17 Thu

台風一過でぐっと気温が下がってきた所為か、我が家の産卵シーズンも、ようやく終わりを迎えたようです。

が、すでに孵化した針子や、これから孵化を待つ卵がまだまだあるので、それらをどうすべきか、頭を抱えております。

今まで、白いボールで針子管理をしていたのですが、個体数が増えてきたこともあり、室外の稚エビ飼育槽(発泡スチロール)に卵ごと移動してしまったんですが、どうも、針子の室外越冬は厳しそうなので、容器ごと室内に移すかどうするか、2~3日中には決めないと・・・



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


台風接近中。 - 2013.10.16 Wed

現在、10月16日(水)朝5時45分、関東に台風26号が接近中です。

今回の台風は、今のところ北よりの風がすごいようで、南側にあるベランダに、大きな被害は出ていません。

が、そんなことは来るまで分からなかったもんで、一応、ベランダを片付けております。

20131016-1.jpg
普段の様子とは全く違って、それなりに片付いたベランダ。
狭いのが、良く分かります^^;

20131016-2.jpg
発泡飼育槽を2個乗っけている、ベランダ左側の物置も、ごらんのとおり、すっきり。

そして、すっきりしたベランダの変わりに、とんでもないことになっている室内。
20131016-3.jpg
布団一枚、やっと敷けるかな?という状況です(笑)

昨夜は、ほとんど物置から降ろさない発泡スチロール槽の水換えなんかをしてみました。
メダカの針子よりちっさい稚エビが、何匹か確認できました。
抱卵していたミナミさんの卵、無事孵化していたようで、よかった~


稚エビと言えば。

睡蓮鉢で見かけるようになっていた、ちっこいミナミさん達。
3~4匹くらい、常時発見できていたんですが、昨日、室内で見てみたら、10匹以上いる模様
目視で10匹程度確認できたので、おそらくもっと居そうです。

孵化さえすれば、メダカより生存確率高いのかな。



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


良い匂いと言えなくも無い。 - 2013.10.13 Sun

お仕置き部屋という名の金魚鉢。

20131012-6.jpg

中の水が、昆布出汁の匂いがする。

お、美味しそうと言えないこともない・・・?



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


バケツ飼育槽。 - 2013.10.13 Sun

一番最初に親戚からもらってきた卵から孵化した稚魚を入れている、バケツ飼育槽。

20131012-9.jpg

水槽からあふれた水草を、ちょいちょい入れております。

が、このバケツ飼育槽。

なぜか、メダカ以外の生体が、生きていけないんです

ミナミさんは、つい先日、最後の一匹がサクラエビになっておりまして、姫タニシ(大)ですらどっかに逝ってしまったのには、心底びっくりしました。

バケツという特性上、他の飼育槽に比べて水深が深いんですが、もしかして、底の方の環境がものすごい悪いのか?!

それとも、水草入れすぎなのかな


【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


水の色。 - 2013.10.13 Sun

屋外飼育容器の水が、今までずーっと透明だったのに、2週間くらい前から濁りはじめました。

20131012-8.jpg

濁っているのは睡蓮鉢のみなんですが、立ち上げてから夏の間ずーっと、一度も濁ったことがなかったので、ちょっと気になっています。

原因をいろいろ考えてますが、

 1.水生植物を越冬準備のために出したとき、底に敷いている荒木田土をかなり舞い上げてしまった名残

 2.水質の悪化

 3.最近えらい増えてきた、稚エビを含めたミナミさん達がわさわさしすぎで、常に土が舞い上がっている

このくらいしか思いつかないです

今のところ、メダカに影響はないようなんですが、どうにかならないもんかなぁと悩んでおります。
ちなみに、半分くらい水換えしたときは、かなり透明度があがったんですが、翌朝にはまた濁ってしまいました



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

太郎の性別について。 - 2013.10.12 Sat

さて、紆余曲折を経て、今や元気に育っております「オーロラ太郎」ですが。

20131012-2.jpg
(↑これは太郎の兄弟で、太郎ではありません)

やっぱりメスでした(笑)


【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


過抱卵対策。 - 2013.10.12 Sat

室内に2つある水槽で飼育している、2種のメダカ(白ヒカリと、黄金ヒカリの2種)。

購入したときは、オス3メス3の計6匹づつだったのですが、事故に遭ったり病気になったりで、気が付けば両方の水槽とも、オス1メス3となってしまいました。

以前の記事では、片方の種類だけ過抱卵気味の個体がいると書きましたが、もう片方の水槽でも、やっぱり過抱卵気味の個体がでてきてしまい、どうしたもんかと思慮していました。

白ヒカリのほうは、室外発泡スチロール槽から一匹連れ込んでみました(一匹捕まえるのがやっとでした)が、水槽で飼育しているほうが体が大きかった所為なのか、仲良く同居はできましたが、求愛相手とは見てもらえなかったようで(笑)

どのみち、我が家の全メダカ(繁殖行動可能な個体)の男女比は、著しくオスが少ないのに変わりはないので、このままでは、屋外飼育槽や睡蓮鉢も、過抱卵個体がでてきてしまうかもしれない!!

ということで、新規追加してみることにしました

20131012-5.jpg
    ↑
普通の白メダカ2匹。

20131012-4.jpg
    ↑
普通の楊貴妃2匹(後にもう2匹追加)。

20131012-3.jpg
    ↑
普通の黒めだか4匹(オス3メス1。ピンクのバケツしかなく、黒く見えない)。

本当は、ヒカリ体型の種類がいいかなぁと思ってましたが、近所の魚屋には、普通体型のものしかなく、この3種にしてみました。


導入状況は、
20131012-11.jpg
白ヒカリ水槽に、白メダカを投入。翌朝早速、全メスが抱卵しました

20131012-12.jpg
黄金ヒカリ水槽に、楊貴妃を投入。
最初2匹投入したんですが、もとからいたオス(黄金ヒカリ)にえらく追い掛け回されてしまって、2匹とも石の影に隠れて出てこなくなっちゃいまして・・・。
これじゃ意味ねぇ!!ということで、翌日に楊貴妃をもう2匹追加して、もとからいた黄金ヒカリのオスを、お仕置き部屋に移動しました。

20131012-6.jpg
    ↑
お仕置き部屋という名の、金魚鉢。
こちらで、しばらく反省してもらおうと思います。

黄金ヒカリのオスがいなくなった水槽では、楊貴妃オス4+黄金ヒカリメス3匹で、仲良く暮らしております。
こちらもこの後、全メスが毎日抱卵できるようになりました



あれ?

黒めだか、必要なかったんじゃね??



20131012-7.jpg
    ↑
白と黒のコントラストが楽しいかもと、オスが一匹室内へ強制移動させられた室外飼育槽へ投入しました。
残念ながら、とても警戒心が強いのか、画像にまったく写ってません

こちらは、過抱卵の個体がいたわけではなかったんですが、魚屋で物色していたときに、
「うち、黒っぽいのいないし、黒いの導入したいな・・・
と思ってしまい、1匹40円(+判別料20円)だったもんで、オス3メス1を購入してしまいました(笑)

こちらも、白黒仲良く暮らしています


今回、異種メダカを編入させてみて思ったこと。

 1.白っぽい色のメダカ(普通もヒカリも両方)は総じて温厚な性格

 2.黄金ヒカリメダカはオスもメスも攻撃的

 3.赤いメダカも温厚で柔軟な態度

 4.黒メダカは警戒心が強い



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

本格的な夏に突入ですね^^ - 2013.10.12 Sat

って、ふざけんなと(笑)

徐々に涼しくなってくれないと、急激な気温差でメダカがばったり逝ってしまいそうで怖いです


さて、先日のベランダ整理で、母の気はなんとか収まったらしく、あれから第二の勧告は出ておりません!
がしかし、太郎兄弟が入っていた「発泡スチロール容器ミニ」に、洗濯物の裾が浸かってしまい、あわや大惨事となるところを目撃してしまったもんで、オーロラ4匹を、室内の越冬用容器にぶっこむ事にしました。

20131012-1.jpg
    ↑
水合わせのために、軽量カップに入れられたオーロラ兄弟。
どれが太郎だか、すっかり分からなくなってしまいました

20131012-2.jpg
    ↑
ちなみに、一番大きく育った稚魚は、こんな感じ。
オーロラ兄弟は、うちの他の個体にはない色合いなので、とても気に入っています

20131012-10.jpg
    ↑
そしてオーロラ兄弟は、無事こちらの容器へ投入されました。
もともと入っていた稚魚のほうが大きいだろうと思ってましたが、太郎たちのほうが大きかったのには、びっくりしました。
本当に、4匹だけでも育ってくれて、感無量です


【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

体裁を取り繕ってみました。 - 2013.10.09 Wed

勧告に従って、ちょっと誠意を見せてみました(笑)

20131009-1.jpg
バケツと睡蓮鉢の二つ。
ここに、昨日までは、4つのバケツが置いてありました^^;

20131009-2.jpg
最初の画像の左奥に、植物のバケツと鉢を移動。

これで一応、「足の踏み場」ができた!!ということにしておきます
つか、これ以上片付けようが無いんですけど(笑)


先日から「しろくま」カップに入れていた卵が全て孵化し、現在は、こんな感じになっております。
20131009-3.jpg
増えてます(笑)

左側のは、ブログで拝見した採卵グッズを、勝手に真似っこしてしまいました
ただ、うちのメダカたちは、これがあまりお気に召さなかったようで、結局マツモにちょいちょい産みつけられています。


さて、この採卵前の採卵で孵化した針子さんたちですが、今のところ、脅威の生存率を更新中です(当社比)。
真夏の暑い時期にくらべて、水質の悪化がゆるいのか、水温が高すぎないのか、要因ははっきりしませんが、このまま真冬になるまでに、元気で成長を続けて欲しいと思います

もしかすると、今まではそのまま稚魚用の餌をあたえていたのを、さらにすりつぶすようにしたのが良かったのかな?


【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

撤去勧告発動。 - 2013.10.08 Tue

ついに母から、ベランダをどうにかしろと通告されました

どうしよう~!!


【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

お役立ちアイテム。 - 2013.10.07 Mon

今年は、たくさん食べました

20131007-1.jpg

飲んだ帰りには、必ずコレを買って帰ってました(笑)


食べた後は、こんな感じで。

20131007-2.jpg

中の黒いのは、外掛けフィルターの吸い口にくっつける吸い込み防止フィルター。
何でこんなものが入っているかというと、うちのメダカさんたちが、ここに卵を産みつけたからです

と、こんな風に、孵化用の仮容器として使うのはもちろん、水槽の水をちょろっとすくうのに使ったり、薬浴隔離に使ったり・・・。

我が家では、メダカ飼育にお役立ちアイテムになっております


【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

ちびっこ用の餌。 - 2013.10.06 Sun

今まで、稚魚よりちっさいメダカには市販の『稚魚用の餌』を与えていましたが、意外と粒が大きいのか、生まれて数日レベルの針子が、どうも食べられていないのではなかろうか(-_-;)と、密かに懸念しておりました。
そこで先日、すり鉢より細かくできそうな乳鉢を購入。


稚魚用の餌+乾燥ミジンコ+乾燥赤虫というブレンド餌を、すりすりしてみました。

水面に散ったときに殆ど確認出来ないくらいに細かくできたので、ちっさい針子も食べているような感じです(^-^)


【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ずし。

Author:ずし。
メダカを飼い始めてからビオトープに興味を持ち、金魚飼育に手を出した後、最近ではアキクサインコも飼い始めた、そんなワタクシの飼育日記です。

最新記事

カテゴリ

メダカ日記 (128)
金魚日記 (230)
金魚日記(外伝) (11)
アキクサインコ日記 (14)
その他いきもの (1)
植物 (23)
水質検査 (5)
器具 (5)
エサ (2)
病気備忘録 (0)
未分類 (8)
お店 (1)
備忘録 (4)

月別アーカイブ

コメントありがとうございます^^

カウンター

ブログ村 金魚新着記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

勝手にブックマーク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。