topimage

2013-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一か八か!! - 2013.08.31 Sat

こんな感じだった、薬浴中のオーロラちびっこ。
20130826-3.jpg
↑これは26日の状態なんですが、この後、尻尾のあたりからぐぐーっと90度近く、横に曲がっちゃったんですよ

でも、どうしようもないので、そのまま様子を見ようと思ってたんですが、どうも動きが鈍くなってきてしまって・・・。

このままでは、遅かれ早かれ落ちてしまいそうな雰囲気だったので、思い切って、外科的措置を施しました!!

こちら、その結果。
     ↓
20130831-4.jpg
何とか成功しました!!
腰から尻尾にかけても、ちょっと曲がり気味ですが、ほとんどまっすぐに戻りました

今回施した外科的措置としては、以下のような感じです。
 1.小さくて平たい小皿に、ちびっこを移動。このとき水は、ほとんど無い状態で。
 2.びろーんと出ているモノを竹串で小皿に押さえ、ひっぱってみる。
 3.やはりぎっちり胴体に巻きついてしまっていて、千切れない。
 4.もたもたしていたら、小皿に押さえつけていたモノから「すぽっ」っとちびっこが脱出!
 5.あわてて薬浴容器に戻す。
こんな感じでした

切ったりしないとダメかと、一応カッターなんかも用意していたんですが、意外とあっさりすっぽ抜けましたねぇ~。
ただし、かなり負担をかけてしまったと思うので、この後の持ち直しができるかが心配ですが・・・

とりあえず、めだかには一切触れないで済んだので、傷も最低限で済んでいることを祈ります

今までは、水カビ病だと思っていたので、餌は極少量を一日一回だけしか与えていなかったので、明日からは、もう少し量を増やそうと思います。

ちなみに、ぐるぐる巻きついていたものの正体は不明でしたが、何か繊維っぽい感じでした。

スポンサーサイト

やっと水槽がにぎやかに。 - 2013.08.31 Sat

本日、水槽が賑やかになりました

20130831-3.jpg
相変わらず下手な画像で、申し訳ない

中に入れためだかさんたちは、以前ピュアホワイトヒカリを購入した『大分めだか日和』さんで購入した、以下の二種類。
20130831-1.jpg
↑こちら「めだか日和 金色(こんじき)のラメ」と、
↓こちら「めだか日和の”カナリア”」。
20130831-2.jpg
下の画像は割と分かりやすいですが、上の画像のほうは洗面器の柄が目立ってしまって、肝心のめだかがさっぱり分かりませんな

商品名が付いているめだかさんなので、素人の私には、どの系統の種類に分類されるめだかなのかが分かりませんが、綺麗なので良いんです(笑)

前回といい今回といい、どうも私は白っぽいめだかが好きなようで、うちには白っぽいのしかいません。
親戚から貰ってきためだかも、種類が不明なのですが、純粋なヒメダカではなさそうで、どの個体も白っぽいし・・・。
そもそもヒメダカって、「緋」という字を入れているわりに、実際のところはあまり赤くないものなんでしょうか


薬浴中の、オーロラちびっこ。
昨日あたりから、ちょっとおかしな体型になってきてしまいました。
丁度、もやもやが周っている腰のあたりから先(尻尾のほう)が、ぐーっと横に曲がってしまっています
あきらかに、腰に回っているモノが、成長の妨げになってしまっているのだと思うのですが、どうすることもできず・・・。
とりあえずは、このまま見守る方向でいこうと思います。
しかし、薬浴も一週間を過ぎますので、これはもう水カビではない気がしています。
一体何なんだろうか・・・



なんか咲いた! - 2013.08.29 Thu

ウリカワ、朝起きたらつぼみが開いてました

20130830-1.jpg
20130830-0.jpg
20130830-2.jpg
20130830-3.jpg
朝6時頃~11時頃までの画像です。
だいたい、朝開き初めて昼までに開ききってしまい、夜には花弁がしおしおになってました。
まだ先端のほうは開花してないので、もう一回くらい楽しめそうです

ちなみに、最後の全景画像を見ていただくとお分かりかと思いますが、桜蓼、ミソハギ、ミズキンバイが伸びすぎです(笑)
睡蓮も、姫睡蓮を買ったはずなのに、思いのほか葉っぱがでかい気がする~
この睡蓮鉢では、限界を超えてます・・・。


先日から、直射日光ばんばんに当ててる針子さんたちですが、おかげで一気に成長してきた(とはいえまだまだちっさいですが^^;)ので、屋外バケツに移動しました。
20130830-5.jpg
この時期からわざわざ屋外ってのもどうなの?と思ったんですが、やはり日光にあててるのと当ててないのでは大分違うようなので、思い切って出しました。


薬浴中のオーロラちびっこは、ベルト巻きつけてる1匹以外、薬浴終了させました。
こちらも、日光浴ばんばんさせてます

何か出た! - 2013.08.27 Tue

睡蓮鉢のウリカワから、明らかに葉っぱと違う何かが出てきました

20130827-8.jpg
画像真ん中あたりの、ちょっとぽこぽこしたやつです。
きっと花芽だと思うので、無事咲いてくれるといいな~

このウリカワという植物は、私がネットで見る限り、ナガバオモダカとの違いがさっぱり分かりません。
がしかし、うちにあるのは『ウリカワ』を頂いているので、ウリカワで間違いない!!と思う(笑)


このウリカワが入っている睡蓮鉢のメダカのうち、一匹だけでっかくなっているのを激写。
20130827-1.jpg
拡大すると、ちょっとカメラ目線になってます(笑)


そして、今日の我が家のベランダは、こんな感じでした。
20130827-6.jpg
なんだかもう、ベランダじゃねぇだろってくらいに、過密状態になっております
母は「もうベランダには出られないっ!!」と怒られてますが、何だかんだ言って、母もメダカをちょいちょい見に来ているようです。

先日公開した室内飼育環境について、やはり日光が足りなさ過ぎるのではないだろかと思いまして、日曜日くらいから、プラケースをベランダに出すようにしています。
20130827-5.jpg
この時期になって、ようやくベランダの奥の方に日光が当たるようになってきたので、すだれを日除けにしてみました。
まだ2~3日しか日光浴をさせてませんが、なんとなくちびっこ達に元気が出てきたような気がします


さて、薬浴5日目のオーロラちびっこ4匹ですが、昨日画像をUPした1匹を除いて、どうも元気っぽい。
これは、3匹は薬浴を終了させて、ベルト付きの1匹だけを継続させたほうがいいんだろか・・・

あ・・・。 - 2013.08.26 Mon

室内水槽へ、もといたミナミさんを戻しました。
水合わせをして、「さて、チューブ類を洗おうかな~」と思って分解しようとしたら、こんなことにっっ!!
20130826-1.jpg
買ってから二回しか使ってないのにぃぃぃぃ!!

もう一回使う必要があったので、あわてて近所のショップに買いに行ってきました。

そしてついでに、ポリバケツ槽用のミナミさんを、ご購入♪
20130826-2.jpg
こんなかんじで、水合わせしてます。
今日は、夕飯をはさんでの水合わせだったので、約2時間くらいかけてみました。
こんだけゆっくりやったら、ミナミさんも喜んでくれていることと思います


オーロラちびちゃんたちは、薬浴四日目。
4匹になってしまった現在、みんな元気にしているようにみえます。
が、一匹だけ、なんか変な風になってまして・・・。
20130826-3.jpg
相変わらずピンボケなんですが、ワタっぽいのが、ウエストあたりをぐるっと一周ベルトのように巻きついていて、そこからびよーんと一本何かが出ています。
これ、もしかして水カビ病じゃないんじゃぁ・・・

こんな状態のメダカを見たことがある方、いらっしゃいませんか?

恥をしのんで、我が家の稚魚飼育環境。 - 2013.08.25 Sun

題名のとおり、恥をしのんで、我が家の稚魚飼育状態をお見せいたします。
水質悪化が激しかったり、この時期に水カビ病を発症させてしまったりしているので、絶対何かがマズイのだと思ってます。
ので、ご覧いただいた方が、何かしら指摘してくださったら良いな~という期待を込めてます

まず、私の部屋の状況。
南向きにベランダがある部屋で、窓は、ベランダに出るところの窓のみ。
ベランダは、建物から飛び出ているベランダではなく、引っ込んでいるベランダなので、夏のこの時期は、明るいけれども部屋に直接日光が差し込まない状態です。
そこに、100均で購入したプラケースを並べています。
20130825-9.jpg

画像奥に見えているのが障子で、このすぐ向こうがベランダです(夜間に撮影したので、障子が閉まってます)。
同じ大きさの二つには、針子程度の小さいのが入っていて、先日の水質悪化対策にヒメタニシが1匹づつ入っています。
水草は、余ってたカボンバを2本ずつ浮けべています。
こちらの飼育ケースの固体は、大体1日に2匹ずつくらい★になるような状態です。

左奥の小さめの容器は、100均で買った昆虫飼育ケースに、右側の二つのものより成長している個体を入れてます。
体長が1センチ前後くらいまで育った固体を入れていますが、このくらいの大きさになったものは★になったことがありません。

その下の青いプラカップは、先日から薬浴中の針子さん。
5匹入れていたんですが、今朝、更に1匹★になってしまいました


このような状態で、直射日光は一切当たらず、明るいだけは明るい場所においてあります。
ちょっと前に、ものすごくもやもやしたものが多かったことがあってから、気が付くと、手前においてあるスポイトを使って、ちょいちょいゴミ拾いをしています(ヒメタニシの糞が、結構すごいので)。

エアレーションは無しです。

水換えは、毎朝やっています。
小さい方(昆虫飼育ケース)の水換えは、一度に半分くらい。
大きい方のケースの水換えは、一度に4分の1量くらい。
それぞれ、1日汲み置きしてカルキを抜いた水に『御神田の水』を規定量加えたもので水換えしています。

餌やりは、一日3回。
稚魚用の粉末餌とゾウリムシ(画像右下の茶色っぽい液体)を、交互くらいに与えています。
以前、餌の与えすぎで水質悪化を招いたことがあるので、量は少なめを心がけています。

水温は、クーラーの効いた部屋においてあるため、ほぼ25度。
クーラーを止めて窓を全開にしたときで、28度くらいまでの上昇を確認しました。


ちなみに、室内飼育しているこの仔たちは、かれこれ3週間以上こんな状態で、成長がやや遅いような気がしています。

水質悪化を防ぐために、餌の量を少なめにしていたり、直射日光が全くあたらない状況だったりしているので、成長が遅いのかなぁと思っています。

今後の予定としては、体長が1センチくらいまで育っているチームを、昨日立ち上げたこちら↓
20130825-2.jpg
に移動する予定で、同じ大きさのプラケースに入れている小さい仔たちを、同じく昨日立ち上げたこちら↓
20130825-5.jpg
へ移動して、日光が当たる屋外へ出すつもりでおります。


以上、長くなりましたが、我が家の育成環境をお伝えいたしました。

ご覧頂いた方の中で、「こりゃマズイだろ」などの意見がありましたら、コメントから教えていただけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いします


久々の雨模様。 - 2013.08.25 Sun

我が家のある地域では、夕べの夜半過ぎくらいから、久々にまとまった雨が降りました。
ゲリラ豪雨のような土砂降りではなかったので、ベランダの睡蓮鉢には影響なかったようです。
 20130825-6.jpg
最近、鉢の中の睡蓮が調子良いのか、葉っぱがでろっとはみだし気味です。
新しい芽は出てくるんですが、やはり花芽はでないようで、今年は花は無理っぽい~
まぁ、8月の頭くらいに株分けとかしてしまっているので、仕方ないですな。

この睡蓮鉢の中には、大分めだか日和さんで購入したピュアホワイトヒカリが5匹おります。
トンボの飛来を確認したことはないのですが、一応、毎日個体数が減ってやいないかと、確認作業はしています。
そして、いつも思うのが、その中の一匹が、ものすごいおデブさんなんです
20130825-8.jpg
ものすごくピンボケで申し訳ありません^^;
しかし、これを見ていただくと分かるかと思うのですが、尻尾の辺りにくらべて、おかなあたりが完全にメタボってます!!
最初、もしや卵が詰まってるんじゃぁ・・・と心配したんですが、そういう感じでもなさそうで・・・。
半ダルマかなとも思ったんですが、それにしては泳ぎがものすごいスピーディーです。
もしかして、ピュアホワイトヒカリといわれる固体は、全体的にメタボる傾向にあるのかなぁ?

そして、このピュアホワイトヒカリですが、睡蓮鉢に入りきらなかった固体を、別飼育槽に入れています。
それがこちら。
20130825-3.jpg
ピンク色の丸で囲った部分がメダカなんですが、何度数えても8匹います。
がしかし。
この飼育槽に入れた固体は、7匹だったんです

夏のミステリーです。


落ち込んでばかりもいられない。 - 2013.08.25 Sun

ということで、昨日は、ベランダで飼育していた子達を里子に出しました。
出した先は、母の友人で、うちから車で10分くらいのところでしたので、厚手のビニール袋に入れてから、バケツで持っていきました。

で、里子に出してしまったもので、発泡スチロールの飼育槽が一つ空くことになり、良い機会なので、飼育槽リセットしました。

この飼育槽にはメダカの他に、ミナミさんと姫様数匹がいたんですが、とりあえずそれを出して、モスマットや竹炭を出し、ソイルを捨ててから掃除。
この発泡スチロールの飼育槽は、初めて導入した飼育槽だったので、ソイルを敷いてたんですよ。なので、ソイルを止めて、荒木田土+川砂の底床に変更。睡蓮鉢の植物を刺し芽した鉢を入れて、2~3日このまま待つ予定です。

ミナミさんと姫様達は、2~3日洗面器に入れておこうとしてたんですが、ミナミさんがなんと2匹も抱卵していたので、あわてて睡蓮鉢へ入れました。洗面器で出産されても困るので


そして、室内育成に限界を感じたもんで、ちっこい子達用に、バケツ飼育槽も同じように立ち上げ。ついでに、病気が出てしまった水槽も、リセットしました。

リセット前
     ↓
IMG00130.jpg

リセット後
     ↓
20130824-2.jpg
大差ないです(笑)

底床を、ソイル+砂利を止めて、荒木田土+川砂に変更して、リセットした発泡スチロール飼育槽に入っていたモスマットやら石を、センスの欠片もなく入れております。


リセット前の水槽で、右奥に植えてあるマツモですが、葉っぱの部分が凄い勢いで取れてしまうので、新しくした水槽には入れませんでした。

いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!! - 2013.08.24 Sat

一昨日水槽に移したオーロラちびっこ軍団が、昨日病気になってしまいました

昨日の朝、ちびっこチェックをしていたところ、一匹の腰のあたりが妙にもやもやしてる。
こ、これはもしや、水カビ病ではないだろうかっっ?!!

ということで、仕事もそこそこに、あわててアクアショップに行き、メチレンブルーを購入。
早速薬浴させたところ、半日くらいででっかいワタ状のものが取れました。

にっくき水カビの画像が、こちら。
     ↓
20130824-1.jpg
体長1センチに満たないちびっこについていた水カビは、体の半分くらいに広がってしまって、もうダメかと思いました

6匹いるうち、あきらかに水カビがついていた固体が3匹いて、その3匹だけ薬浴させてたんですが、今朝、水槽を確認して血の気が引きました。

水槽一面に、ものすごい油膜が張ってる!!!
昨日までは油膜なんかなかったのに、何でぇぇぇぇぇぇぇ?!!

あわてて稚魚ネット内の残りの3匹を確認したところ、2匹しか確認できない
目を皿のようにして探したところ、ネットのスミの底のほうで、水カビにくるまれて落ちている固体を発見・・・
大慌てで、生存している2匹も、薬浴カップへ移しました。

結局、生存している5匹すべてを薬浴することになったんですが、こうなった原因について、いろいろ考察しました。

 1.水槽の環境が整っていなかった。
 2.飼育していたプラケースからの移動の際、傷をつけてしまった。
 3.水槽の外付けフィルターの水流が強すぎた。
 4.稚魚ネット内に餌をあげた際、餌の量が多すぎて、ネット内の水質が著しく悪化した。

1~4のすべてが複合して、今回の結果になってしまったと思います

とりあえず、今回の事を反省して、幼魚クラスになるまでは、水槽に入れたりしないようにします

生体投入。 - 2013.08.22 Thu

ミソハギの花が、さらっと咲いてました。

20130822-1.jpg
一つ一つはちっこい花ですが、なんか心休まる感じがします。


さて、水草を入れた水槽ですが、昨日購入のミナミさんに加え、オーロラちびさん達とちびっこヒメタニシを投入しました。
こんな感じ。
     ↓
20130822-2.jpg

オーロラちびさん達は、まだ本当にちびさんなので、手前に引っ掛けてある網に入ってます。
     ↓
20130822-4.jpg

オーロラさんは、飼育にアルビノくらい手がかかると昨日何かで見たんですが、本当なんでしょうか?
15個の卵から6匹しか孵化できず、その6匹は元気に育っているので、なんとかこのまま大人にしたいです~。


こちらも、ちびっこ。
     ↓
20130822-3.jpg
集団プラケースに入っている姫様の娘さんです。
ミナミさんにツマツマされまくって、殻がすっごい綺麗になってます。


あ、昨日購入したミナミさんですが、1匹落ちました
水合わせ前にすでに赤みを帯びてきていたので「やばいなぁ・・・」と思っていたら、案の定でした。
ということで、『第一回ミナミさんを守れ!』大会は、近所のホームセンターvs近所のアクアショップvs通販の3箇所対決は、近所のホームセンターに軍配があがりましたが、これは単純に、運搬時間と水温の関係だと思います。
昨日、車内暑かったんですよぅ・・・
のこっと9匹にはがんばって貰いたいところなんですが、抱卵している固体が、ちょっとやばそうです。
     ↓
20130822-6.jpg
身重で動きが緩慢なだけなんだったら、良いんですけどね~


ミナミさんを購入。 - 2013.08.21 Wed

新しく立ち上げた水槽のタンクメイトとして、ミナミさんを購入。

IMG00131.jpg

現在、外の飼育槽で活躍中の5匹を買ったのとは違う店で購入ですが、どっちの方がより繊細じゃないのか、確認したいと思ってます。
さて、何匹生き残ってくれるかな・・・


ミナミさんのほかに、水草やら石やら牡蠣殻フィルターやらも購入。
早速水槽にセッティングしてみました。

IMG00130.jpg

センスの無さはさておき、両脇のわさわさ具合をメダカが気に入ってくれればいいなと思ってます。

メダカは、まだまだ投入できない大きさなんですけどね・・・

ついに。 - 2013.08.19 Mon

買ってしまいました。水槽

20130819-1.jpg
手前の500mlペットボトルは、大きさの参考にしてください。

割と近所にアクアショップがあることを知り、通販で買うより安いといいなぁ~と思って見に行ったんですが、まぁ、見に行くってことは購入意思があるってことで・・・

セット品を買う予定だったんですが、ショップの人に相談して、バラで購入となりました。

お値段的には、通販のほうが安かったのかもしれないんですが、実物を見ることができたのと、ショップの人にいろいろ伺えたのが良かったです


で、夕方購入したにもかかわらず、夕飯終わってから早速立ち上げ開始。
そのうち水草を入れる予定なので、重石として、以前金魚鉢で使用していた桜大磯砂を半分敷きました。
20130819-2.jpg
セッティング完了。
しばらくはマメに水換えしたほうがいいらしいので、とりあえず卓上テーブルに仮置きしました。
良く聞くように、ソイルを敷いたあとに霧吹きをして、厚手のビニール袋をのせた上から静かに水を入れてみたら、びっくりするくらいに水が汚れませんでした。

フィルターは『テトラ オートワンタッチフィルター AT-20』ですが、これ、かなり静かです。
うちのパソコンを動かしてるときの音のほうが、よっぽどうるさいです
初心者にはこのタイプのものが失敗が無いよ~と言われて購入したんですが、メンテも楽なようなので、良かったです。


ちっさい水槽なので、あんまり水草を入れずに行こうと思ってます。

ここに入れたいメダカがいるんですが、まだ吸い込まれそうな大きさなんですよね・・・。
稚魚くらいになるころには、水槽の立ち上げも終わってると思います


今日は婿殿。 - 2013.08.18 Sun

昼夜問わずに働く婿殿。
20130818-5.jpg
ピンクの矢印で示したところが、婿殿の証。
ヒメタニシは、これがあるので、オスメスの判別がつけやすくて良いそうです。

そのころの姫様。
20130818-6.jpg
子供を張り付かせて、お昼寝中です。


さて今日は、ソイル敷きの飼育槽の水換えを行いました。
水質が悪くなってるのかどうなのかが分からないので、いつも半分以上水を換えてしまいます

私の水換え方法は、
 ①ソイルを吸い込まないように注意しながら、なるべく下の方の水を、適当なところまででっかいスポイトで吸引。
 ②汲み置きした水(足りない場合は、カルキ抜き使用)に「御神田の水」を規定量入れたものを、もとの水量まで注入。
以上終了。

ま、特に変わったことはしてません(笑)

20130818-2.jpg
     ↑
水を抜いたところ。
自分でも、こんなにはっきり中を見たことなかったんですが、結構過密状態??
はっきり見えるだけでも20匹くらいいますね・・・。
ヒメタニシは、左右の二箇所でソイルに埋まってます。
ミナミヌマエビは、あいかわらず5匹元気に生きてました。

周りがうっすら色が変わってますが、一ヶ月ほど飼育槽を使用して、ついにコケっぽいのが発生してきました。
20130818-1.jpg
ちょっと前から、ミナミヌマエビが側面でツマツマしてましたが、コレを食べてたんですねぇ。

この飼育槽には、メダカ用のソイルを敷いているんですが、一般的にソイルって、二ヶ月くらいで入れ換えするのが普通みたいですが、今敷いているソイルの寿命が来たら、次は『荒木田土+川砂』の底床に変更しようと思ってます。
がしかし、『荒木田土+川砂』にするには、入れ換え前に1週間くらい立ち上げ期間をもたないとまずそう。
そうすると、先に飼育槽を用意する必要があるわけですから、もう一個新しい飼育槽を買ってからやらないとダメってことになるのか?
・・・次回もソイルにしときます


花が咲きそうだった、カボンバ。
20130818-4.jpg
折角なので花が咲くところを見たくて、背が高すぎて使ってなかったグラスに、植えてみました。
上手く咲くといいです


こちらは、睡蓮鉢の様子。
20130818-3.jpg
シュロガヤツリの新しい芽(っつか茎?)が、出てきました。
睡蓮鉢に寄せ植えした植物が、上手く成長してくれているようで嬉しい

ヒメタニシ。 - 2013.08.17 Sat

室内飼育槽のお掃除をお願いしたく、先日我が家へ嫁入りしてきた姫様。

20130817-1.jpg
オンナンコですが、体の裏側から激写。
口を一杯伸ばして、プラケースの内側にもやもやしているものを、ちゅーちゅーしています。

姫様は、日中はケースの隅っこでお昼寝してるんですが、日没とともにお仕事開始。
となりのプラケースにいる婿殿は、昼夜問わずに働いております。

しかし、ヒメタニシという名前にだまされましたが、結構でかいんですよね~。
宅急便で到着したヒメタニシを初めて見たとき、でかっ!!と言ってしまいました

そんなヒメタニシなんですが、「養殖して増やしなさいよ」と、うちの母が思いっきり狙っております。
美味しいんだそうです・・・。


では、今日もピンボケ絶好調な画像を。
20130817-2.jpg
姫睡蓮入り発泡スチロール飼育槽。
日当たりがいまいちな場所においてあるので、出てくる睡蓮の葉っぱがひょろっとしております。
7匹入れたピュアホワイトひかりちゃんたちは、みな一様に元気で泳いでおります。
つか、買っためだかはこの子たちだけ(睡蓮鉢のも同じ)なんですが、動きがえらい機敏なんですよ。
すっげーさっさと泳ぐんですが、本来のめだかって、こういうものなんでしょうか?

20130817-4.jpg
こちら、睡蓮鉢。植物が、元気に茂っております。
こっちにもピュアホワイトひかりちゃんが5匹おりますが、こちらもさっさか泳ぎます。

そういえば、上二つの飼育槽にはミナミヌマエビも入れたはずなんですが、どこへ行ってしまったんだろうか・・・。
ヒメタニシは、土にもぐってしまってます。

20130817-3.jpg
最後に、一番最初に立ち上げた、ソイル敷き発泡スチロール槽。
結構個体数が、増えてきてます。
明日は、この飼育槽の水換えをする予定です


我が家のいろいろ。 - 2013.08.16 Fri

室内プラケースの水質悪化に神経を持っていかれて、少々疲れ気味です

なので今日は、メダカ以外にも色々と画像を撮ってみました。


まずは、こちら。
20130816-1.jpg
先日購入したヒメタニシにくっついていた、子ヒメタニシ。
ものすごく分かりにくいんですが、逆さになって水面を泳いでおります。
朝起きたらこんなことになっていたので、もしかして★になってんじゃないかと、ちょっとドキッとしました


20130816-2.jpg
こちらは、水質問題勃発中の、室内プラケースに入れているカボンバから出ているモノ。
これが順調に育てば、きっと花が咲くんだろうと思うんですが、このカボンバは植えてないので、このままダメになりそうです・・・。もったいないから、植えてみようかなぁ。


こちらは、昨日、里子に出した子達がいた金魚鉢に植えていたカボンバ。
20130816-7.jpg
金魚鉢を掃除して、ちいさな空き瓶に植え替えてみました。

20130816-3.jpg
光合成ばっちりで、水泡がすごく綺麗です


20130816-4.jpg
そして、無駄に大きく成長しすぎたホテイアオイ。
うちの飼育槽はどれも小さくて、こんなにでっかくなられちゃ、どこにも入れるところがない!


お次は、先日、睡蓮鉢にセッティングした桜蓼。
20130816-6.jpg
水につかってる節部分から根っこを出すとは聞いていましたが、これ出すぎっっ!!
1日で、5センチくらい伸びてると思います。
植えかえたほうがいいんだろうか?
でも、この真夏の時期に根っこ掘り返すのもマズイ気がするし、生体投入済みの睡蓮鉢から、このポットを取り出す勇気がない~


最後は、睡蓮鉢に投入した、ピュアホワイトひかりめだか。
20130816-5.jpg
あまりに元気に泳ぐもんで、相変わらずピンボケです^^;

でも、ちょっと端っこに出てきてくれた子がいて、静止した瞬間を激写!
20130816-8.jpg
いくらかまともな感じに撮れてる・・・と思います

水質がやばい。 - 2013.08.15 Thu

先日から使い始めている、ちびっこ育成用のプラケース(100均のコミック入れ)ですが、水質が相当やばそうな気配

20130815-2.jpg
この程度の画像だと、何がヤバイのかがわかりにくいんですけどね^^;

底全体に、半透明のもやもや~っとしたものが沈んでまして、一緒に入れているカボンバの葉っぱも、ところどころ、その半透明のもやもやに覆われているところがあります。

試薬を持っていないので、水質がどの程度悪化しているのかは分からないのですが、毎日シラスになる子がいますので、おそらく相当ヤバイところまで来ているのではないだろうか。
この容器を使い始めてからまだ5日目だというのに、どうすればいいんだ・・・

とりあえず、もやもやを食べてくれないだろうかとタニシを入れて見たものの、劇的な変化はなし。ただ、えらい糞をするもので、何かしらは食べてるらしい。

糞といえば、うちのメダカの糞は黒くない(ベージュっぽい感じ^^;)んですけど、これ、調子わるいサインって本当でしょうか??
今日、某サイトで「糞の色が白っぽいのはよろしくない」と書かれていて、すごいどきどきしてます。


話を戻して。
水質悪化を少しでも防ぎたいワタクシといたしましては、先日購入したゾウリムシを培養して餌にしようという試みを、開始いたしました。

20130815-5.jpg
こんな感じの色で、500mlのペットボトルに入って届きます。
これをタネとして、自宅でもペットボトルで培養します。
20130815-4.jpg
今日仕込んだところなので、液の透明度が高いですが、ゾウリムシがちゃんと増えてくると、きっと濁ってくるんだと思われます。

実はこれ、ゾウリムシの餌として『キリン生茶』と『米粒』を使用しているんですね。なので、ゾウリムシをメダカに与えるときに、生茶液のまま与えるわけですよ。

以前、ペットボトルで飼育しようかと思ってしらべていたときに、お茶の成分がメダカによくないので、お茶が入ってたペットボトルは使わないようにというのを見てまして、「お茶が入ってたペットボトルすらNGなのに、水で薄めてあるとは言え、お茶液をメダカに与えてしまっても大丈夫なのかっ?!」と、疑問に思ってしまい、折角買ったのにあげるのを躊躇しちゃったんですね。

んで、考えても仕方がないので、購入元に連絡をしたところ、「飼育液がこの液と同じくらいの色に変色してしまう程入れてはまずいかもしれないが、多少色づく程度なら、自分もやっているので問題ないでしょう」とのこと。
とりあえず、その言葉を信じて、メダカに与えることにしました


ラストに。
20130815-1.jpg
なんだか、ものすごい『昭和』っぽい風景だったので、撮ってみました。

同じ感覚に陥った方は、きっと私と同年代か、それ以上の世代でしょう


メダカとすごすお盆休み。 - 2013.08.14 Wed

今日我が家に、新しい仲間がやってまいりました。

20130814-1.jpg
左上から、ミナミヌマエビ、ピュアホワイトヒカリめだか、右の洗面器がヒメタニシ、『大分めだか日和』さんでぽちった子たちです。

ネットでちまちま検索したところ、タニシは結構丈夫なようで、水あわせをあまり神経質にしなくて大丈夫とのことだったので、スペースの都合上、30分くらいでそれぞれの飼育槽に投入してしまいました
睡蓮鉢に入れたうちの一匹が、あれれ~??という感じになっているのを除けば、みな元気です。
ちっこいのも数匹いました。

次に強そうな生体の、メダカ。
こちらは、待望の白メダカだったので、今までの倍くらい慎重(当社費)に、水あわせをしました。
その様子が、こちら。
     ↓
20130814-2.jpg
こちらは、睡蓮鉢。
長旅で疲れたのか、じっとしていた瞬間に激写したので、めずらしくピントが合ってます^^;

20130814-3.jpg
こちらは、睡蓮鉢からあふれ出た睡蓮を入れた、発泡スチロール槽。
こっちのほうがスペースがあるので、睡蓮鉢に5匹、こちらに7匹を投入することに。
この画像では7匹写ってますが、水あわせしてると言っているのに、この直後に一人フライングしてしまい、飼育槽に早々と飛び込んでおりました

両方とも、このあと2時間くらいかけて水合わせをしてから、飼育槽に投入しました。
20130814-5.jpg
20130814-7.jpg

夕方6時頃までは、元気でした^^;


そして、水あわせを慎重に行うべきだ!!と巷で言われている、ミナミヌマエビ。
ここまでの作業で午後1時くらいになってしまっていたので、水あわせはもとより、水温上昇のほうが気になってしまって、結局、1時間くらいで飼育槽に投入してしまいました

大分からの二泊三日の旅路で、うちに来たときにはすでに2匹が★になっていましたが、この大雑把性急な水あわせが良くなかったのか、ちょっと元気のなかった固体1匹が、睡蓮鉢で★になってました。

初めてミナミヌマエビを迎えたときもそうだったんですが、エビさん、体が透明な上に夜行性なもんだから、固体確認が容易にできないところが困ります。
生きてんだか死んでんだか、さっぱりわからん
なので、エビに関しては、夕方のときも確認できませんでした・・・。


そして今回、メダカの餌として、ミジンコとゾウリムシも購入したんですが、これらの扱いが分からない^^;
ゾウリムシについては、生茶で培養する方法が書かれた紙が入っていましたが、ミジンコって、どうすんだこれ・・・?
ネットで見るような培養は、うちではちょっと無理っぽいので、死滅してしまう前に餌にしてしまおうと思います。

ちなみに、ちょろっとあげてみたところ、すっげー勢いで食われてました(笑)

ゾウリムシの方は、これ、肉眼で見えないもんで、どのくらいの量をあげればいいのかがさっぱりわからず・・・。
買ったところに、メールで問い合わせしている最中です


ところで、折角花が咲いているのに、ばっちり撮ったことがなかったので、ぱちり。
20130814-6.jpg
20130814-4.jpg
我が家に来たときから咲いている唯一の花、ミソハギです。
こう、ぱっとした華やかさはないですが、しっとり落ち着く感じですね~
ほかの方のブログなどを見ると、もっといっぱい咲いているんですが、うちのは1つです。


ま、そんなわけで、今日は朝からずーっとメダカと戯れる一日でした。


20130813-4.jpg
明日、この子たちが里子に出ます


お盆です。 - 2013.08.13 Tue

本日は、朝からお墓参りに行ってまいりました。
紫外線にやられて、肘から先に蕁麻疹出現。
痒いです~


さて、10日ほど前にトリミングしたウィローモスの切れ端を、小瓶に入れておりました。
     ↓
20130813-3.jpg
こうやっとくと増えると聞いたもんで^^;
10日くらいでは、増えてるのか増えてないのか、いまいち良くわかりません。
普通の水道水を入れているんですが、よ~く見ると、なんか泳いでいるのがいます。
なんだろ(笑)


うちで一番大人チーム。
     ↓
20130813-1.jpg
金魚鉢に5匹入れているんですが、今のところ、とても元気に育っております。

20130813-4.jpg
相変わらずボケてますが、これだけ見ると、ピンク色がかった白メダカに見えません?!

上から見ると、
20130813-2.jpg
     ↑
これ(更にピンボケ)なので、白メダカではないんですけどね

雷すごい。 - 2013.08.12 Mon

私の住むエリアは、あまり雨が降りません。
が、本日久々に雨が降りました。
稲光がすごくて、どこかに落ちて停電しやしないか、ものすごい心配です。

20130812-1.jpg
メダカの写真がうまく撮れないので、しかたないので夜の睡蓮鉢を撮りました。
変わりないですが、良く見ると、土の舞い上がりが落ち着いて、一見綺麗な水にみえるようになりました。

私が写真を撮るのはスマホなんですが、オートフラッシュが面白くて、暗闇で発泡スチロール槽を撮ってみました。
20130812-2.jpg
いつもどおりピンボケなんですが、良く見ると、ミナミヌマエビも映っています。
普段は、いるんだかいないんだかわからないエビですが、以前死ぬんじゃなかろうかと心配したこともありましたが、投入時の5匹が元気に生存しております。
ひっそり脱皮したりもして、大きくなってんのかな・・・。

白っぽく見えるのがメダカですが、ソイルが黒いのとフラッシュの所為でそう見えるだけで、白メダカではありません


ところで、先日我が家に仲間入りしたちびっこ5匹ですが、ちびっこすぎるのか、エサの食いつきが悪すぎる・・・。
オーロラめだかというのだそうですが、何か綺麗に成長するようで、大きくなるのをすごく楽しみにしてるんですよぅ~
絶対に★にしたくないと思うと、普段の過保護ぶりに、さらに拍車がかかります。

ということで、『大分めだか日和』さんというところで、ゾウリムシを購入してみました。
食べてくれるといいなぁ・・・。

で、ついでに(というわけでもないですが^^;)、ヒメタニシとミナミヌマエビ、大きい子用にミジンコも購入。

そ、そして・・・。
我慢できずに、ピュアホワイトヒカリメダカというのを購入してしまいました
睡蓮鉢に入れたら、きっと綺麗だと思うんですよ~。

明日か明後日には届く予定なので、今から楽しみです




暑いにもほどがある。 - 2013.08.11 Sun

エアコンの室外機が熱風を吐き出すベランダに、うちのメダカ飼育槽&睡蓮鉢があります。

・・・ヤバイだろ

でも、メダカ飼育用と銘打ってるだけあって、使用している発泡スチロール容器の水温は、だいたい26℃で安定しています。
スドー メダカの発泡鉢 [その他]スドー メダカの発泡鉢 [その他]
()
不明

商品詳細を見る

↑これ。
底も側面も結構厚みがあるので、温度が変化しにくい感じですが、普通の発泡スチロール(よくある白いやつ)の方は、ソイルを敷いてないというのもあるのか、結構暑そうです。
ただ、発泡スチロールだとわかっているだけに、かなり値段が高いなぁと思いますけども


さて、そんなクソ暑い中、睡蓮鉢を彩る植物たちがやってまいりました!

20130811-1.jpg
     ↑
左は既存の睡蓮IN睡蓮鉢。
右が、新しく我が家にやってきた植物たち(8種類)
これを、土曜日中にセッティングするつもりだったのですが、日々シラス化が加速しているような気がするちびっこ軍団の選別をしたところで、力突きました^^;

選別したちびっこ軍団の新しいおうちは、こちら。
     ↓
20130811-3.jpg
あまりに過密に1槽で飼育していたちびっこたちを、画像の上段2個+下段右側の合計3個に分けました。
下の左側の青い金魚鉢は、一番成長している5匹。
上段一番右のものは、植物と一緒に我が家に仲間入りした産まれたてのちびっこたち。
最近の暑さで結構やばい感じなので、しばらくは室内飼育に変更します。

で、土曜日到着の荷物がもう一つ。
     ↓
20130811-2.jpg
丁度、今まで使っていた『メダカバイコム』がなくなったので、思い切って買ってみました。
これは小さいほうのサイズのものですが、10リットルの水に0.5mlしか使わないので、かなりもちそうです。
早速使ってみましたが、まぁ、すぐにどうこう言うものじゃないので、効果のほどは不明。
こういうのって、止めてみると「ああ、効果あったんだなぁ」とか思うんだろうな・・・^^;


話は戻って。
土曜日は荷解きで終了した植物たち、明けて日曜日にセッティングしました。
20130811-4.jpg
     ↑
こんなかんじ。
スペースの関係上、睡蓮鉢がかなり小ぶりなので、新規導入した8種類の植物を全部入れることができませんでした
セッティングした植物は、睡蓮、ジュンサイ、ウォーターマッシュルーム(ウォーターコイン)、ミソハギ、ミズキンバイ、ウリカワ、シュロガヤツリ、桜蓼。
睡蓮とジュンサイ以外は抽水植物くらいのものなので、段差をつけるのに石を敷いて・・・とか思ってたんですが、うまいことサイズの合う石が入手できず、結局、鉢に土を敷いてそれで段差をつけ、それぞれポット状態でレイアウトしました。

一週間くらいしてからメダカを入れる予定ですが、こんなにぎっちぎちの鉢にメダカを入れても大丈夫なんだろか・・・?

睡蓮鉢に入らなかった植物たち(ハナショウブと睡蓮)は、いずれメダカを移す発泡スチロール槽に入れ込みました。
20130811-5.jpg
     ↑
なんだか地味です。
底床には、ソイルではなく、荒木田土+川砂を使ってみました。
こちらに引越しさせるメダカはまだ小さすぎるので、メダカがそこそこ大きくなるまで、じっくり水槽作りができそうです。
こっちには、タニシとかも入れて見たいなぁと思ってますが、タニシって砂の上でいいのかな・・・。


今日も暑かった。 - 2013.08.08 Thu

今後、最低一週間くらいは、同じタイトルになってしまいそうです


昨日、ちょっと開いてきた睡蓮の葉っぱが、だいぶ開いてきました。
     ↓
20130808-1.jpg
睡蓮は日光大好きらしいので、この天気はうれしい限りなのかも知れません。
今日も水温は、32度でしたが。

今のところ、睡蓮と石しか入っていない睡蓮鉢ですが、あさって、新たな植物が仲間入り予定です
土曜はもっと暑いようなので、熱中症に気をつけつつ、鉢いじりに励みたいと思ってます。


今日は、我が家の稚魚IN金魚鉢を、激写してみました。

20130808-2.jpg
     ↑
我が家で一番大きくなっている子。

20130808-3.jpg
     ↑
ちょっと、左腹が出気味なのがきになってる子。
病気じゃなければいいんですけど。

20130808-4.jpg
     ↑
ほんとは5匹なんですが、写ってるのは4匹。

20130808-5.jpg
     ↑
ピントが合っていれば、格好良かったのに・・・。

携帯のカメラ機能が良くわかってなくて、オートフォーカスがうまいこと機能してくれません。


ところで、我が家の稚魚ってば、なんか、腹出てないか?
人間の子供と一緒で、単なる幼児体型なだけなのか、エサの与えすぎで常時満腹なのか・・・。
エサを与えすぎると病気になるって聞いたことがあるので、ちと不安です


暑すぎる。 - 2013.08.07 Wed

比較的暑さに強そうなメダカさんですが、これから数日、えらい猛暑になるっぽくて、ちょっと心配です。

まだ、生体を投入していない睡蓮鉢。
     ↓
20130807-1.jpg
この時期に無謀な植えかえをして、約一週間。
ようやっと、新しい葉っぱがひらいてきました!
黄色く変色してしまった葉っぱは、どうも枯れてしまっていたようで、昨日、根元から切り取りました。

で、暑さの話ですが。

今日の夕方(16時頃)、日中直射日光が当たっているこの鉢は大丈夫なんだろか・・・?と思い、再び水温を測ってみました。
前回は30度くらいだったと思うんですが、今日は、ついに30度超えの32度でした。
これ、メダカとか入れちゃって大丈夫なのか?


ここで気になるのが、メダカ入りの飼育槽の水温。


中間層チーム・・・水温26度(16時頃、直射日光が長時間あたらないベランダ、発泡スチロール槽)
     ↓
20130807-2.jpg
水質合ってないんじゃねの?というくらいの泳ぎっぷりで、大変元気な皆さんです。


ちびっこチーム・・・測定忘れ
     ↓
20130807-3.jpg
見るからに過密状態と思われるが、移動する容器がない
昨日からちょっとづつ、シラスになる固体が出てます。


思春期チーム・・・28度(16時頃、直射日光があたらないベランダ、金魚鉢)
     ↓
20130807-5.jpg
写真を撮るのが殺人的に下手で、どうしてもぶれぶれです
今まで浮かべていたホテイアオイの葉が溶けてきてしまったので、カボンバのみになってます。


そんな、ホテイアオイのみを入れているバケツ。
     ↓
20130807-4.jpg
うちの飼育槽に入れるにはでかすぎる。
かといって捨てるのもなぁ・・・ということで、とりあえずバケツにつっこんであります。
ちっこいの、増えていかないかなぁ
金魚鉢から避難させた株は、でっかいのの影にかくれるように、ぐったりしています。



ところで。
大概の方は、種類を確認したうえで『○○メダカ』を購入されてたりすると思いますが、私の場合、親戚の家からもらって来たもので、何メダカなんだかさっぱりわかってません。
親戚も、近所の人数人から分けられたと言っていたので、そんなめずらしいものはもらってないと思うんですけどね。
うちのはまだ、大きいものでも稚魚段階で体色がはっきりしないので、余計わかりにくいです。
白っぽいのからちょっと黒っぽいのもいるので、ヒメダカなんだと思いますけど

睡蓮鉢に入れる成魚がほしいところなので、白メダカの成魚を買ってしまおうかなぁ・・・。


初めての・・・。 - 2013.08.06 Tue

メダカ育成を開始して、約半月。

初めて、★になった固体を確認しました。

ちっこいのを入れている発泡スチロール槽が過密だなぁと思ってはいたんですが、シラスが沈殿してました。

まぁ、全固体が成魚になったら、それはそれで大変(スペース的に)だとも思ってたんですけどね~。

現実問題として、シラスを放置しておくわけには行かないので、これからは毎日、より一層飼育槽の底を確認せねば。

水質悪化させて、余計なシラスを増産しないように^^;


phを測ってみた。 - 2013.08.05 Mon

先日、友人におねだりして作って貰ったバッグが、本日届きました。
20130805-1.jpg
この柄に一目ぼれで、まだ生地があまってるとのことで、これで作って貰ったんですが、明日から早速使おうと思います。


さて、本日は、我が家の飼育槽のpHを測定してみました。
その結果が、こちら。
     ↓
20130805-3.jpg
左から、
 ①睡蓮鉢(睡蓮、ホテイアオイ、メダカなし)
 ②グレーの発泡スチロール槽(ソイル、ウィローモス、水質浄化効果があるという石、ミナミヌマエビ、第三仔魚期)
 ③白い発泡スチロール槽(カボンバ、ホテイアオイ、第一仔魚期)
 ④金魚鉢(桃色大磯砂、カボンバ、ホテイアオイ、稚魚~幼魚)
以上4つの測定結果です。

はっきり行って、どれも差がないようにしか見えず、肝心のpHも、7なんだか8なんだか、良くわかりません^^;

メダカのpH記事をぐぐってみたところ、多くは『弱酸性~弱アルカリ性』という、ありがたいんだか大雑把なんだかわからないコメントが多い。
まぁ、ためしに測ってみようと思って試験紙を購入したので、気が向いたらまた測ってみようと思います。

あ。

昨日、水換えしたばっかりだから、そんなにひどい数値になってないのかな・・・。


pH試験紙を購入するときに、ついでに温度計も購入しました。
メダカは、結構な温度帯で生存できるようですが、ミナミヌマエビもいるもんで、ちょっと測ってみました。

結果は、4つの飼育槽で、26℃~28℃。このくそ暑い時期としては、妥当なのかな?
一番高温だったのが睡蓮鉢で、一番低かったのがグレーの発泡スチロールでした。

ところで、うちの睡蓮鉢にはメダカをまだ入れてないので、ほぼ一日、直射日光があたるところに置いてあります。
睡蓮は、日光大事とのことなので、今の位置に置いてあるのですが、陶器製の鉢のフチが、どうやらそうとう熱くなっているようで・・・。
画面下のほうの葉っぱが、やけどしたようになってしまいました
     ↓
20130805-2.jpg
昨日の時点では青々としていた葉っぱだったので、鉢のフチにずーっとかかっていて、やけどしちゃったんだろうと想像してます。
あわてて水中に浸してみましたが、このまま持ちこたえてくれるか心配です。


昨日の続き。 - 2013.08.04 Sun

昨日は、ちっこいのの飼育槽を掃除するだけで疲れ果ててしまいましたので、本日は、でっかいのを金魚鉢に移動してみました。

ぶれぶれの画像が、こちら。
     ↓
20130804-1.jpg
何回チャレンジしてもぶれぶれになるので、もう、あきらめました。

今まで、外の発泡容器で育てていた五匹を、金魚鉢に入れてみました。
葉っぱが多いほうがよかろうと思って、結構な量を挿しておりますが、おかげでメダカの確認が難しくなってしまった。
我が家のメダカの中では飛びぬけて成長している五匹なので、だいぶ、大人っぽくなってきました。


この五匹は、近々こちらへ移動予定。
     ↓
20130804-2.jpg
昨日設置した、睡蓮鉢。
こころなしか、植え替え直後よりも、元気が出てきてる気がします。
気のせいかもしれませんが・・・。

今のところ睡蓮しかなかったので、とりあえず余ったホテイアオイを入れてみました。
近所のホームセンターで売っているホテイアオイは、この写真のような間延びしたやつばっかりで、うちの飼育槽にはでかすぎる^^;


でっかいチームを金魚鉢に移動したので、今まで飼育していた飼育槽の水換えを決行。導入時5匹だったミナミヌマエビは、全員の生存が確認できました。
ろくに水あわせもせず、かなり暑い屋外での飼育になっていますが、今のところけなげに生き抜いているようです。

購入時からそこそこ茂っていたモスマットのモスが、かなりのボサボサ具合だったもので、そちらも思い切って刈り込んでみました。
刈り込んだときに出た切れ端を、エビの隠れ家用に買った竹炭に、木綿糸で巻きつけてみました。
こんな感じ。
   ↓
20130804-3.jpg
あんまりゆるく糸をまきつけても浮いてきてしまうかと危惧して、結構きつめに巻いてあります。
きつすぎて細胞が壊れて枯れてしまったら、ちょっと切ないです。

メンテと水換え完了後、今まで金魚鉢で育成していた中間層を、こちらに移動させました。
水が合ってないのか興奮しているだけなのか、今までよりも拾い容器に入れられた中間層は、金魚鉢にいたときにはやってなかった『縄張り争い』らしき行動に出ました。
夜までは元気に泳いでいた中間層、明日も元気でいてくれ・・・。


実は本日、ネットで大評判(らしい)のこちらのエサを購入してみました。
                ↓
キョーリン FD ビタミン赤虫 12gキョーリン FD ビタミン赤虫 12g
()
キョーリン

商品詳細を見る

『食いつきが違う!!』と書いている方が多いんですが、うちのメダカ達にはまだ早かったのか、そんな、驚くような食いつきのよさは感じられず、普段のエサのほうが、食いつきが良かったです。
普段、子供用のこなこなしたエサを与えているので、食べにくかったのかなぁ?

メダカに不人気だった赤虫ですが、ミナミヌマエビが飛びついて食ってました。


一日みっちり。 - 2013.08.03 Sat

今日は朝から、金魚鉢のリセットやら睡蓮の植え替えやら、ちびメダカの飼育槽入れ替えやら、こまごまと一日作業でした。

おととい、ついに我が家に睡蓮がやってきましたが、売れ残りだったらしく、花の種類が不明^^;
白か黄色の花が咲くっぽいんですが、今年は咲かせられないと思われます。

原因は、こちら。
   ↓
20130803-1.jpg
左側が、本日植え換えをした睡蓮。右が、リセットした金魚鉢。

どのサイトを見ても、この時期に植換えなんかしてる人はいないようでしたが、根っこも伸び放題で、買ったままでは置いておけないっ!
ということで、一か八かで、本日株分けをしてしまいました。
そもそも元気のない鉢だったので、花は期待してないから、このまま無事に成長してくれればいいなぁ><
この睡蓮鉢には、もうちょっと何か水草を追加しつつ、メダカを放流する予定です。

右の金魚鉢は、もともと入れていたホテイアオイの根っこを切りたいと思っていて、ついでだから、きれいな砂とか敷いて、でっかくなってるチームをこっちに入れてしまおうかなぁと思い、こんな感じにしました。
センスなど微塵も感じられない仕上がりなのは、目をつぶるとします・・・。

底に敷いたのは、ピンク色の大磯石というのがあったので、それを敷きました。鉢の縁のブルーと対照的で、結構気に入ってます。
ところどころ見える緑はカボンバで、底砂にぶっさしてあります。
うちの金魚鉢はエアレーションしていないので、水草で酸素供給させようかと導入してみましたが、暗くなると二酸化炭素を出すという話も聞くので、あんまり入れるのもいかんのかな。

ということで、意外と使わなかったカボンバ。
まだ、こんなにあまってます^^;
     ↓
20130803-2.jpg

金魚鉢をリセットしたので、棲家を追われた中間層達。
     ↓
20130803-3.jpg
どんぶりに入れられております。
このどんぶり、肉厚なため結構な重量があり、食事であまりつかってないので、このままメダカ鉢にしちゃってもいいかなと思うくらいには、なかなか良い感じです。


そしてこちら。
   ↓
20130803-4.jpg
スネイル大発生の糞害にあってしまった、一番ちっこいグループの飼育槽。
底にたまった糞を吸い取るだけではおいつかなくなってしまったので、思い切って入れ物を換えました。
産まれたて??というくらいちっこいのも居たので「大丈夫かな・・・^^;」と思ったんですが、なにせ汚かったもんで、やっちまいました。
一応、今のところ生きています^^;

スネイルは、ご多分に漏れず、購入したホテイアオイから出たっぽい。話には聞いていたので、結構きれいに洗ったりしたつもりだったんですけどねぇ。完全に取り除けなかったようでした。
今回、入れていたホテイアオイをガシガシ水道水で洗い、長すぎた根っこも切ってしまったので、大分駆除できたと思っています。というか、思わないとやってられない><


予定では、でっかいチームをリセットした金魚鉢に移動させるところまでやりたかったんですが、日が暮れてきてしまったので断念。
ただ、急遽睡蓮鉢導入となってしまったので、こちらにでっかいのを入れたほうがいいのか、それともボウフラ対策の即戦力になってもらうために成魚を購入すべきなのか、ちょっと考え中です。

とりあえず、本日、唯一いじらなかった子たち。
     ↓
20130803-5.jpg
この広さで5匹しか入っていないので、えらいのびのびと成長しとります。
一番でっかいのは、もう、親メダカ(うちにはいませんが)と同居させても全く問題なさそうなくらいまで、大きくなりました。
ここには危ないミナミヌマエビも同居してますが、先日の水換えしたのがよかったのか、今のところ元気にしております。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ずし。

Author:ずし。
メダカを飼い始めてからビオトープに興味を持ち、金魚飼育に手を出した後、最近ではアキクサインコも飼い始めた、そんなワタクシの飼育日記です。

最新記事

カテゴリ

メダカ日記 (128)
金魚日記 (230)
金魚日記(外伝) (11)
アキクサインコ日記 (14)
その他いきもの (1)
植物 (23)
水質検査 (5)
器具 (5)
エサ (2)
病気備忘録 (0)
未分類 (8)
お店 (1)
備忘録 (4)

月別アーカイブ

コメントありがとうございます^^

カウンター

ブログ村 金魚新着記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

勝手にブックマーク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。