topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれれ~? - 2014.10.30 Thu

我が家に浄水器なんて高級なものはありませんが、某所で浄水器を試す機会があったので、そこで生成される「酸性水」なるものを、簡易モニターとしていただいてきました。

なんでもこれ、化粧水代わりに使うと、お肌がツルっとするとのことで、その使い心地をレポートして欲しいらしい。

んで、早速使ってみました。

・・・蛇口から出た我が家の水と、どこが違うの?? (-"-)

特にお肌がツルっとするわけでもなく、強いて言えば、カルキ臭さが少ないかなぁ~という程度。

カルキ臭さが、少ないといえば少ないけど・・・。

これ、ホントにカルキ抜けてんの??と思い、ほんのイタズラ心で残留塩素測定してみましたよ。


うちの水道水を半日曝気するより、カルキ抜けてないしwwwww


ここまでくると、アレですよ。
酸性水とか言ってるけど、ホントに酸性か??とか思うわけで。

pH測定は試験紙しかもってないので、簡易測定になるかとは思いましたが、ちょっと測ってみましたよ。


pH7付近の、ド中性なんですけどwwwwww

試験紙の色が、我が家の金魚水槽の飼育水と、同じ色にしかならないんですけどwwwwwwwwwwwwww


一応、二種類の試験紙を使ってみましたが、いずれの結果も中性でしたよ^^;


モニターとしてのアンケート、すごく回答しにくくなっちゃったなぁ~(笑)



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 鳥ブログ アキクサインコへ

スポンサーサイト

【金魚】水質検査の不思議。 - 2014.04.01 Tue

これまで、水道水の残留塩素のチェックしかしたことがありませんでしたが、我が家の水槽で何かあるんじゃなかろうか??との思いから、水質検査をしてみました。

【使用試薬類】
 ・テトラテスト アンモニア試薬
 ・テトラテスト 6in1


【現在の環境】
 45センチ水槽>6日前全換水(薬浴後のリセット)塩0.3%
            3日前2/3換水(フィルタ掃除)塩0.1%
            1日前1/2換水、塩0.05%

 60センチ水槽>8日前全換水(トロピカルN薬浴開始の為リセット)塩0.5%
            3日前全換水(トロピカルN薬浴中の為リセット)塩0.6%


【検査結果】検査前提→夕食後4時間弱、水温24℃
 45センチ水槽
   硝酸塩50mg/l、亜硝酸塩25mg/l、総硬度4、炭酸塩硬度3dH、pH6.8、塩素0mg/l、アンモニア0.25~1.5mg/l

 60センチ水槽
   硝酸塩25mg/l、亜硝酸塩0mg/l、総硬度0、炭酸塩硬度6dH、pH6.8、塩素0mg/l、アンモニア0~0.25mg/l


【感想】
 45センチ水槽は、6日前にリセットし、薬と塩を抜くために頻繁に換水していたので、予想通りアンモニアの検出値が高かった。が、硝酸塩も亜硝酸塩も高いのは、何で??
 逆に、60センチ水槽は、現在もトロピカルNが入っている状況なのに、アンモニアの検出値が、予想より低かった。何で???


意外な検査結果だったんですが、何か、検査方法とか間違った?^^;



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村


【残留塩素測定】2013/12/02 - 2013.12.02 Mon

金魚水槽がちょいちょい匂うので、いきなり水換えを決行する頻度が高いのが、悩み所です

そんなわけで、本日の残留塩素測定。

【条件】
 ・2013年12月2日、晴れ、夜間、室内
 ・マンションの水道水(貯水槽なしの水道管直結)
 ・15リットルバケツに、12リットルの水道水(バケツ8分目)
 ・午後3時半~夜7時まで、室内にてエアレーション
 ・室内温度23℃前後、湿度47%
 ・水温→19℃から23℃まで加温

1.蛇口から出した水(放置前)→約0.7mg/L
20131120-1.jpg

2.室内で3時間半エアレーション後(加温あり)→約0.2mg/Lくらい
20131202-1.jpg

3.カルキ抜き(コントラコロライン)を規定量の1/3投入後→残留塩素検出せず
20131202-2.jpg

このような結果となりました。


使用している容器がバケツだったり100均で買った軽量カップだったりするので、そこそこ誤差はあると思うのですが、前回ベランダ放置(約4リットル)したときよりも、カルキ抜きの中和具合が早かったのが、不思議です。
というか、私の見方の具合が悪いような気がしてきた

太陽光の下での色判定のほうが、夜間室内で蛍光灯の下で見るよりも、わずかな色味が見えるんじゃないだろうか。

でも、とりあえず本日の中和具合で、メダカも金魚も今のところ問題ないようなので、このくらいの誤差はOKってことらしい(笑)


これまで2回ほど、我が家でのカルキ抜きの適量具合を見てみたが、およそ0.2mg/L以下くらいまで残留塩素が減っている状態では、規定量のカルキ抜きの1/3量くらいで中和できる感じです(11月~12月時期)。


そのうち、チオ硫酸ナトリウムの力ではなく、ビタミンCでの中和の様子も見てみたいところなんですが、はたして、ビタミンC(クエン酸ナトリウム)で中和した水が、メダカや金魚にOKなのかがちょっと不安です^^;



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村


【残留塩素測定】2013/11/27 - 2013.11.27 Wed

これと言ったネタがない(笑)ので、残留塩素測定を、またやってみました。

前回は、1リットルのペットボトルにほぼ満水状態でフタをし、室内に約24時間放置後の測定でした。
今回は、バケツでベランダ放置での測定結果です。

【条件】
 ・2013年11月27日、晴れ、強めの南風
 ・マンションの水道水(貯水槽なしの水道管直結)
 ・5.5リットルバケツ(乳白色)に、約4リットルの水道水(バケツ8分目)
 ・朝8時~夕方5時半までベランダに放置
  (直射日光はほぼ当たらずだが、風が割と強かったので、水面が波立っていた)
 ・日中の外気温→11℃~13℃で変動
 ・水温→10℃前後


1.蛇口から出した水(放置前)→約0.7mg/L
20131120-1.jpg

2.ベランダ放置後→0.1mg/L以下
20131127-1.jpg

3.カルキ抜き(コントラコロライン)を規定量の1/4投入後→0.1mg/L以下(カルキ抜きを入れる前よりは薄いが、わずかにピンク色がかっている)
20131127-2.jpg

4.カルキ抜き(コントラコロライン)を規定量の1/2投入後→透明(不検出)
20131127-3.jpg

このような結果となりました。

半日近く、バケツで室外汲み置きだと、ほとんど残留塩素が検出できないくらいまでカルキが飛んでおり、規定量の半分のカルキ抜きで、完全に(見た目)中和できました。

ということで、我が家ではこの時期、半日ベランダに汲み置きすれば、カルキ抜きは半分に減らせる(笑)

しかし、今の時期は心配なさそうですが、真夏だと、水の痛みが気になりますかねぇ~



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村


【残留塩素測定】2013/11/20 - 2013.11.20 Wed

おはようございます

前から一度やってみたいと思っていた、我が家の水道水の残留塩素の簡易測定を、やってみました。


まず、蛇口から出してすぐの水。
20131120-1.jpg
0.7mg/Lぐらいです。

毎日この水を、1リットルのペットボトルに(ほぼ満タンに)入れ、金魚鉢の水換え用に、温度をあわせるために一晩置きます。

一晩経った水(11月20日、室温不明、水温22℃前後、約24時間放置)。
20131120-2.jpg
0.7mg/Lと、変化なし。
※後から気づいたんですが、これ、チューブを逆さまに使ってしまいましたが、水量は測っているので、そんなに誤差はないと思います^^;

規定量のカルキ抜き(コントラコロライン)を入れた水。
20131120-3.jpg
残留塩素無し。

まぁ、予想通りの結果になりました(笑)


時々、「ペットボトルに1日汲み置きすれば塩素が抜ける」というような記事を見かけますが、少なくとも我が家では抜けないようです。


今回は、ペットボトルにほぼ満水状態でフタをする、という状態での確認でしたが、そのうち、口の広いバケツに汲み置きで、どのくらい抜けるかを、見てみたいと思います



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ずし。

Author:ずし。
メダカを飼い始めてからビオトープに興味を持ち、金魚飼育に手を出した後、最近ではアキクサインコも飼い始めた、そんなワタクシの飼育日記です。

最新記事

カテゴリ

メダカ日記 (128)
金魚日記 (230)
金魚日記(外伝) (11)
アキクサインコ日記 (14)
その他いきもの (1)
植物 (23)
水質検査 (5)
器具 (5)
エサ (2)
病気備忘録 (0)
未分類 (8)
お店 (1)
備忘録 (4)

月別アーカイブ

コメントありがとうございます^^

カウンター

ブログ村 金魚新着記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

勝手にブックマーク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。