topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【金魚】金魚飼育に使っている日用品。 - 2015.11.03 Tue

金魚飼育でワタクシが使用している、日常的な品々のメモ。

普段の設置状態は、↓こんな感じ。

<デイリーエリア>
20151103-006.jpg
毎日使う、細々としたものは、ワゴンの上に出しっぱなしw


<ときどきエリア>
20151103-024.jpg
試薬やおくすりなど、たまに使うものは、60-2水槽下のキャビネットに保管。


とはいえ、狭い6畳ですので、仕舞うところがほとんど無いため、結局↓こんな感じに丸出しです(゚×゚*)プッ
20151103-021.jpg





では、それぞれを細かくw



【お掃除グッズ】
20151103-016-1.jpg

①ガラス試験管(10ml)&試験管立て(比色板付き)
 水質検査するときに使用。木製の試験管立ての方が趣があって好きですが、白色比色板が便利なので、こちらを使用中。

②すくい網各種
 懐の深いものは、水槽内の浮遊ゴミをすくうのに使用。浅い選別網は、毎日水変え飼育していたときのちみっこ達をすくうのに使用。

③タオル
 室内での作業がほとんどなので、ちょっと水をこぼしたり、濡れた器具や手を拭くのに便利。一度の水変え作業で2枚は使う。

④乳鉢(小)
 ちみっこのお口が小さかったときに、エサをすりつぶすのに使用。今は、クロレラを粉砕するのに使用中。すり鉢より断然細かく擂れるので、乳鉢便利です。

⑤計量カップ(500ml、2L)
 ピンク色の500mlカップは、朝のフン取りに使用。
20151103-018.jpg
↑フンを吸い取るのは、こちらのスポイト。
大きな2Lのカップは、汲み置き水をすくっての足し水で使用。真ん中の500mlは予備。

➅メラミンスポンジ
 我が家の水槽関係掃除は、全てメラミンスポンジを使用。大きいサイズのものを購入し、カッターで好みの大きさに数種類用意。
20151103-017.jpg
↑こんな感じで、空いているプラ飼育ケースに入れてます。
100均のものは密度が薄く、強く擦らないと落ちない&すぐヘタるので、ちょっとお高めの正規品(という言い方が適当かどうか不明ww)を愛用中。

⑦お掃除ブラシ各種
 黒いものは、試験管用。白いものは100均で購入したミニブラシセット、上部ろ過のパイプなどの掃除に便利。


【容器いろいろ】
20151103-019.jpg
洗面器×2、ザル&ボウルセット×1、ザル×3、米研ぎ用ザル×1、エアストーン各種

洗面器は、水槽内のモノを入れて洗面所まで運んだりするのに利用。ざる系は、砂利を濯いだりするのに必須。

20151103-020.jpg
普段は、↑こんな風に重ねて保管。

20151103-008.jpg
バケツと並んで、ワゴンの下段に入れております。


【試薬&試験紙】
20151103-012.jpg

①残留塩素測定キット、試薬
 試薬系の中では、残留塩素を測定するものが一番出番が多い。各季節で最低一度は、蛇口から出る水を測定。汲み置きしている水の塩素が抜けているか、時々測定。大雨の後は、蛇口から出る水を測定など。

②パックテスト(COD、COD細密、亜硝酸、リン酸)
 自宅の水道水の状態を、時々測定。そこそこ良い値段するものなので、頻繁にはやらないww

③アンモニア試験紙、試薬
 新規立ち上げ時には、一ヶ月くらいは頻繁に測定。試験紙は、室内灯下では見づらいので、もっぱら試薬の方を使用。時間がないときには、試験紙で簡易検査。

④亜硝酸+亜硝酸塩測定試薬
 チェックスティックで判りにくいときや、スティックを切らしているときに使用。当然、5in1スティックより感度良好。

⑤API 5in1 水質チェックスティック
 硝酸塩、亜硝酸、pH、KH、GHの5種類が測定可能。テトラの6in1より、試験紙の色合いが判り易い(個人的感覚です)ので、こちらを好んで使用中。6in1の塩素濃度の項目が不要というのもありますw

➅pH試験紙、試薬
 pHジプシー(笑)だった時期があるので、いろいろな試験紙や試薬を持ってますww 一番判り易いのは、pH試薬。試験紙では、左から3番目の、3つのチップがついているもの。測定pH域が狭いので、細かくわかって良いです。



【水質関係】
20151103-015.jpg

①カルキ抜き
 汲み置き水が足りなくなったり、器具洗浄後にカルキを抜くときなどに使用。飼育水として使う場合はハイポ、器具類には液体を使ってます。

②ミラクルバクテ
 新規立ち上げ時に添加。あとは、飼育水がちょっと臭いんだけど、どうしても今すぐ水換え出来ないっ!!というときに、たら~っと添加してます。

③ストラジ(水質矯正剤)
 我が家の水道水は、色々問題があることが判っているので、汲み置き時には必須アイテム。汲み置きしてない水を使わなきゃいけないときにも、必須ですww 
20151103-005.jpg
↑汲み置きするときに、モンモリロナイト+活性炭+サンゴ砂を入れて曝気するとき、ストラジを添加しています。



【ごはん】
20151103-014.jpg

①クロレラ
 室内水槽のちみっこに、時々あげてます。硬い粒状なので、乳鉢で粉砕してから、水槽に投入。入れすぎると、ちょっと('A`)マンドクセー事にwww

②ヘルシーラブスター
 今年の5月から使用しはじめたエサで、全ての個体に与えています。指で簡単にすりつぶせるくらいのクランブル状態のエサなので、保管方法を誤ると、袋の中で粉砕されまくってしまうので、注意が必要です(´・ω・`) ですが、そのくらい粉砕し易いので、人工餌を食べられるくらいの稚魚~立派な大人まで、みんな食べられるごはんです。



【おくすり】
20151103-011_201511032008443b5.jpg
棚からひっぱりだしたら、結構な種類を持ってましたwww
日常品として入れるのは、ちょっとイヤな代物ですが、必要なときには必要(笑)なものだと思ってます。

最近使うようになったのは、エルバージュエース。レッドスタースメルチやブラモスを使うときに、追加して使ってます。他の薬は、使わなくなりました。
グリーンFクリアは、水槽の消毒に便利と進められて購入したんですが、水草(アナカリス)の消毒に使ってますww

ちなみに、使用法を誤らなくても金魚を瞬殺する可能性があるものがありますので、使用時には十分注意が必要です !!(゚Д゚ )




【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 鳥ブログ アキクサインコへ


スポンサーサイト

【金魚】今年前半の飼育環境メモ~飼育方法変更半年経過時点~ - 2015.11.03 Tue

取り立ててネタもないので、今年の飼育環境をメモしておくことに。


【ベランダ】
20151103-001.jpg
今年初めて、ベランダでの飼育をやってみた。
当歳のちみっこ達の中から適当に選抜した、江戸錦×2、蝶尾×1、長手オランダ×1、オランダ×1、合計五匹。
夏の旅行中のみ、このまま室内に入れてエアレーションを行った。
それ以外は、水草のみ入れて、エアーなし。1~3日に一回、ゴミさらいを兼ねて、1/2~1/3換水(水は室内の溜め水使用)。
エサは、一日一回。天候不順の場合は、ごはん抜き。


【室内】
20151103-003.jpg
全水槽、エサは1日3回(60cmワイドのみ、粉砕クロレラを時々)。

①60cmワイドらんちう水槽×1
   生体>当歳ちみっこ各種混在
   ろ過>水作フラワー、上部ろ過(GEXデュアルクリーンフリー)
   照明>GEXクリアLEDパワー3 450×2
   その他>アナカリス数本

②60cm規格水槽×2
   生体>60-1・・・東錦×1、寿恵廣錦×2、更紗らんちう×1、福ダルマ×1、国産ピンポン×1
      60-2・・・江戸錦×5、らんちう×5
   ろ過>共通・・・水作フラワー、上部ろ過(GEXグランデカスタム600)
   照明>60-1・・・60cm用蛍光灯1灯(12000K 20W)
      60-2・・・GEXクリアLEDパワー3 600

③60型ピンクたらい(幅60×奥行47×高さ33cm)
   生体>3歳くらいの東錦×1(療養中)
   照明>部屋の蛍光灯のみ

④溜め水容器(60型ピンクたらい)
   溜め方>モンモリロナイト、活性炭、サンゴ砂を沈めて、水作エイト×2でエアレーション、水質矯正剤(ストラジ)使用



<飼育環境の見直し>
今年5月から、以下の目標に基づいて、飼育環境の変更を行った。
変更については、とりあえず1年間継続してみることにした。
※但し、変更した事によって今までより明らかに何かが悪化した場合は、その時点で中止する。

【目標】
・高めのpH(pH8.0前後)、高めの硬度(GH=150ppm前後)を維持
・水槽周りの空気の淀みをなくす
・生物ろ過強化

【変更した点】
・60-2の後ろ(本棚と壁のコーナー部分)に、壁に向けて常時扇風機を回す←空気の淀み解消目的
・換水時に、直前に出した水道水を使用することをなるべく避け、たらいに汲み置き(モンモリロナイト、活性炭、サンゴ砂、ストラジ、エアレーション)する←水質を少しでも改善する目的
・エサを『土佐姫』から『ヘルシーラブスター』に変更←腸内環境改善目的
・水槽に入れるのをカキガラからサンゴ砂へ変更←飼育水の弱アルカリ状態維持目的(我が家ではカキガラでは弱かった)
・スポンジフィルターから水作フラワーへ変更←生物ろ過強化を期待
・換水頻度を減らす(不用意な換水を止める)←水あたり軽減目的
・フィルター洗浄時は飼育水で洗うことを徹底←生物ろ過強化を期待
・市販薬の他に、レッドスタースメルチ、ブラモスを使用してみる←必要に応じて抗菌剤を追加
・できる限り編成を避ける←いつも失敗するので^^; どうしてもの場合はスメルチで予防
・オキシデータの使用を停止←無くても良さそうなので

 半年間、上記内容を変更して飼育してみた結果、それ以前より悪くなったという事柄は無く、我が家で一番頭を悩ませていた『松かさ状態』になる個体が新たに発生しなかったこともあり、引き続き現状の飼育方法で様子を見ることにした。



こうして書き出してみると、結構いろいろと変更していることが判明。
暖かい間は問題が出なかったが、これから先、冬場にヒーターを設置しないことにしているので、それが吉と出るか凶と出るか、要観察である。



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 鳥ブログ アキクサインコへ

【金魚】久々にやらかした。 - 2015.10.13 Tue

久々に、水換えでやらかしたので、備忘録として残す事に。

20151013-5.jpg
約二ヶ月前からソロ活動中(笑)の、東錦さん。


【2015年10月10日(曇り)】

60リットルたらい(水量約50リットル)に、東錦×1。
前回の換水は、9/12に10リットルのみ。このとき、フラワーを飼育水にて掃除。
それ以来、ほとんど足し水もせずにいたところ、前日より少々臭ってきたので、換水することに。
翌日、雨が降る予報だった。

<換水手順>
・一ヶ月以上まともに換水していなかったので、pH、水温は測っておいた。
・現在使用しているものと同じたらいに、飼育水を10リットルくらい移す。
・生体を、あたらしいたらいに移動。
・今まで使っていたたらいにある飼育水で、フラワーを掃除(外側とエアチューブはスポンジでこすり、ろ過マット部は濯ぐ程度)
・掃除したフラワーを、あたらしいたらいへ移動。
・汲み置きしていた水(モンモリロナイト、サンゴ砂、活性炭、ストラジ使用)にレッドスタースメルチを規定量加え、バケツからエアチューブを使用して、ゆっくり注水(40リットル注水するのに2時間半くらい)

上記手順で換水したが、換水完了後から、あきらかに様子がおかしくなった。

<換水後の様子>
・中層より下部にて、ぼーっとしている。
・エラは、両方とも動いていた。
・自泳、ほぼ出来ず、水流に流される事が多い。
・エサクレなし。
・普段は、たらに顔を近づけて覗き込むと、ものすごい勢いで泳いでくるが、この時は、覗き込むのを嫌がり、逃げられた。
・換水直後から水の粘度が高く、臭い。

魚体のヌルが剥げたのだろうと思うが、結構臭かったり、エアの泡がなかなか消えないという、以前までよくやらかしていた状況になっていたため、水にあたったと思われる。

<対応>
 換水した途端におかしくなったので、これ以上新しい水にしても無意味かと思い、とりあえず一晩様子を見ることに。このとき、スメルチを2倍濃度に上げた。←最後に換水したときに、スメルチ×2倍、ブラモス×2倍濃度にしていたため。今回の換水では、濃度が薄まっていただろうことと、そろそろ等倍濃度に下げてもいいかと判断し、等倍濃度で換水していた。

<結果>
 翌日、いつもどおりの元気さに戻り、一安心。
 水の臭さもなくなった。
 水の粘度も、通常通りまで回復。
 水の色は、茶褐色に変色(スメルチの赤色反応と思われる)。

<考察>
 何がわるかったのか、イマイチ不明。
考えられるのは、
 1.換水前の硝酸塩濃度が相当高かった(25mg/L以上)のに、一気に4/5も換水してしまったための、水質の急変についていけなかった。
 2.pHは試験紙3種を使って、汲み置き水と合っていることを確認したが、3種類とも試験紙の結果が間違っていた。
 3.汲み置き水のカルキが抜けていることを確認したが、使った試薬がおかしく、実はカルキが抜けていなかった。
 4.水温計を使って水温をあわせたつもりだが、水温計がこわれていて、実は水温がかなりちがっていた。
 5.久しぶりの換水だったのに、新しい水を注水する速度が速すぎた。
 6.とにかく換水されたのがイヤだった。


<まとめ>
 今後、この子の換水は、できるだけしないようにしておこうと思う。
 一度に入れ替える水は、10リットル程度まで!


【金魚】60-2リセット。 - 2015.09.21 Mon

7月8日に、江戸錦×5、らんちう×5の合計10匹のちみっこ達を移してから、初めての全体掃除=リセット。


【状態】
新規セットしてから、約二ヶ月半経過。はっきりした病気の発生は、一度もなし。
これまで、フィルターの洗浄は行ったことがなかったが、予想より汚れが少なかった。ただし、ヘドロっぽい感じのものが、ハードマットにかなりついていた。
ここ2~3週間ほど、茶ゴケの進行速度が上がったような気がするが、ヘドロっぽいものがフィルターについていた事が原因で、ろ過能力が落ちていたのかも。

【内容】
上部ろ過洗浄・・・器具類(水道水)
           ボールろ材、サンゴ砂(飼育水)
           ろ過マット交換(細目、粗目)
           Dr.BIOシート新規追加
水作フラワー洗浄・・・プラスチック部、内部の砂利(水道水)
             ろ過マット部(飼育水)
水槽内アクセサリ洗浄・・・砂利、陶器アクセサリ(水道水)
水槽洗浄(水道水)
飼育水・・・4/5換水


リセット中、バケツへ移動したちみっこ達。
20150919-001.jpg

20150919-002.jpg
水槽で見ているときはあまり気づかなかったんですが、思いのほか、褪色が進んでいました。

20150919-004.jpg
真っ赤にはなってないですけど^^;


で、リセット後にぱちり。
20150919-008.jpg

20150919-010.jpg
ずーっと気になっていた、茶ゴケまみれのフラワーも洗って、(私が)すっきりしましたww


 今回のリセットは、この水槽に特に問題が発生したわけではなく、水温が下がってくる前のこの時期に、これからの病気発生を予防できればなぁと思っての事。
 水温もまだ25℃あるので、掃除して減ったバクテリアの復活が、少しでも早くできるだろうというのもあります。うっかり20℃を切ってしまうと、バクテリアが湧くのに時間がかかると思うので。


 今後も定期的にリセット作業を行いたいところですが、季節の変わり目程度で良いのかなぁ?

 でも、どうせ茶ゴケがひどくなるんだろうから、年末あたりにもう一回かな^^;



【にほんブログ村】のランキングに参加しています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ にほんブログ村 鳥ブログ アキクサインコへ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ずし。

Author:ずし。
メダカを飼い始めてからビオトープに興味を持ち、金魚飼育に手を出した後、最近ではアキクサインコも飼い始めた、そんなワタクシの飼育日記です。

最新記事

カテゴリ

メダカ日記 (128)
金魚日記 (230)
金魚日記(外伝) (11)
アキクサインコ日記 (14)
その他いきもの (1)
植物 (23)
水質検査 (5)
器具 (5)
エサ (2)
病気備忘録 (0)
未分類 (8)
お店 (1)
備忘録 (4)

月別アーカイブ

コメントありがとうございます^^

カウンター

ブログ村 金魚新着記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

勝手にブックマーク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。